スポンサードリンク
あさイチ【骨盤ツイストと疲れにくい歩き方を手塚一志先生が伝授!】

長引く梅雨のせいで疲れやすくなっている方もいるかもしれませんが、
そのままですとこれから来る夏の疲れがたまってもっと疲れてしまうかも…

そこで今回のNHKあさイチでは広島東洋カープの選手も指導しているスポーツトレーナー手塚一志先生が疲れにくいカラダになる骨盤メソッドと歩き方を教えてくれました!

骨盤の動きで疲れにくいカラダに

スポーツトレーナーの手塚一志先生によると骨盤をスムーズに動かすことで疲労が軽減されるそうです。

手塚一志先生は広島の大瀬良投手も指導

スポーツトレーナーの手塚一志先生は広島東洋カープの大瀬良大地投手や新井貴浩元選手など数々の一流選手を指導された方。

ボクシング元世界チャンピオンの小国以載選手も昔と比べて疲れにくくなったと言います。

プロの骨盤メソッドに挑戦

この骨盤メソッドに挑戦するのは主婦の大窪みこえさん。
とにかく動くのが嫌で洗濯物を干す時はいつも座って干すと言います。
その理由は疲れやすいから。

動きづらくなる原因は仙腸関節にあり

仙腸関節とは仙骨と腸骨の間にある関節ですが、この関節が固まってしまうことで動きづらくなってしまうそうです。

トレメモトレメモ


逆にいえば、この仙腸関節をうまく動かすことができれば、
全身の骨や筋肉が自然に連動して動くそうです。

骨盤ツイストで疲れにくくなる【骨盤メソッド】

つまり仙腸関節を動かすわずかな力だけで全身を動かせるので疲れにくくなるということです。
そこで手塚一志先生が教えてくれたのは骨盤ツイストでした!

骨盤ツイストのやり方

1)イスに向かって立ちます。
2)イスに左手をかけた状態で右足を軸にして左足をツイスト(ひねる)させます。
3)左右、両方の足で行います。

トレメモトレメモ


左足(ツイストする方)のつま先を180度動かすのがポイントです。

だだっこの動きのやり方

1)まっすぐ立ちます。
2)リラックスした状態でだだっこのように体をひねります。
※腰だけ降るようなイメージで振ります。

トレメモトレメモ


お子さんが「やだ〜ママ買って」とやる動きをすればいいだけです!

疲れにくい歩き方

だだっこのやり方を応用する歩き方になります。
1)だだっこの動きで骨盤を使いながら歩きます。
2)控えめにする場合は動きを小さくして行います。

トレメモトレメモ


歩く方向に線があることをイメージして、
その線にかかとを乗せるようなイメージで歩くといいとのこと。

まとめ

実際にやってみましたが、歩き方だけでずいぶん疲れにくくなるんですね。
ちょっと恥ずかしいという方は動きを小さくしたバージョンで行うといいですよ!

・疲れてる方は睡眠の質をあげる記事もおすすめです^^
世界一受けたい授業【スタンフォード式最高の睡眠の質を上げる方法まとめ!西野精治先生】

スポンサードリンク