スポンサードリンク
あさイチ【麦茶をグッと美味しく!水出しティーバッグ&丸粒の煮出し】

夏の水分補給にみんな大好きな麦茶。
麦茶なんて誰が作っても同じでしょ!って思っていませんか?
でも麦茶の達人が教えるポイントを押さえることで全然違う麦茶になるそうです。

そこで今回のNHKあさイチで紹介されたのは家庭の水出しティーバッグでも麦茶をグッと美味しくする方法についてです!

麦茶の入れ方の注意点

麦茶のプロ:ティーテイスターの小野唯先生が麦茶の入れ方でやってしまいがちなことに対する注意点を教えてくれました。

水を入れすぎない

麦茶の容器が2リットルあると
つい、2リットルいっぱい作っちゃえと思いがちですが、
麦茶の説明に「1.5リットルが適量」と書いてある場合には、
水の量を変えてはいけないようです。

ティーバッグを取り出す

ティーバッグは浸しっぱなしにしがちですが、
小野唯先生によるとティーバッグは抜いたほうが美味しくなるということです。

トレメモトレメモ


ティーバッグを取り出す時間も商品によって違うようなので
説明書をよく読むことがポイントになります。

麦茶をもっと美味しくする方法!水出しで100点麦茶

1)容器の3分の1までお湯を入れます。
2)ティーバッグをお湯に10分浸します。
3)10分後に決められた量までお水を足します。

トレメモトレメモ


つまり、
1.5リットルが適量であれば
お湯は500ml
10分後に1,000ml足せばいいということですね。

丸粒の煮出しで120点麦茶に

一般の麦茶は丸粒のものを粉々にしたものがティーバッグに入っているそうですが、

丸粒の方が味や香りが閉じ込められるので
普段より美味しい麦茶が飲みたいと思ったら、
丸粒のものを煮出すのがいいとのこと。

昔ながらの麦茶を追い煎りで

日本ティーコンシェルジュ協会代表の楠澤秀樹先生によると
昔ながらの香ばしい良い香りのする麦茶を家で楽しむには追い煎り(市販の丸粒を家庭で煎る)がいいとのこと。

1)フライパンで中火で丸粒を煎ります。
2)手を止めずに煎り続けます。
3)うっすらと煙が出たら火を止めます。

まとめ

とにかく簡単にまとめると、
麦茶を美味しく飲むためには
・水の用量を守る
・ティーバッグを取り出す
ということになりますね。

ここだけを気をつけてお試しくださいね!

スポンサードリンク