スポンサードリンク
ガッテン【えごま油はアザラシ油に匹敵!ダイエットにもおすすめ】

油というと体に悪いというイメージや太るというイメージがあったりしませんか?
でも実は、アブラで血液サラサラになったり、ダイエットまで可能なようです。
今回のガッテンでは食べるアブラの新常識について紹介されました。

アザラシ油で心筋梗塞のリスクが低下する?

日本人にはあるアブラが足りてないと言います。
そしてそのアブラが足りないことが心筋梗塞のリスクアップにつながっているそうです。

毎日スプーン1杯あるアブラを取るだけで心筋梗塞などのリスクが下がるということ。

その「ある油」とはアザラシ油のこと。

アザラシ油をとっているイヌイット人は一般的なヨーロッパ人と比較して心筋梗塞の発症率が10分の1以下なんだそうです。

イヌイット食文化研究者のオタワ大学ローリーチャン先生によると、
イヌイットの伝統的な食事は食事における良質なアブラのおかげでとても健康に良いということ。

生徒

でもアザラシ油なんて一般家庭で手に入らないですよね^^;

アザラシ油で体重&中性脂肪が減っちゃう?

ダイエット外来の内科医・工藤孝文先生が体重に悩んでいるみなさんにスプーン1杯のアブラをとってもらう実験が紹介されました。

工藤孝文先生はこちらでも開設されていましたね。
得する人損する人でおからパウダーダイエットのやり方やレシピが話題に!

    ・シューマイにアブラ
    ・ラーメンにアブラ
    ・カレーや揚げ物にアブラ
    ・ショートケーキにアブラ

スプーン1杯のアブラを普段の食べ物にかけたりしてとったところ、
みなさんの体重が減りました!

トレメモトレメモ

48人中33人の体重が減り、
中性脂肪は17人中12人が改善した
ということです!

アザラシ油で痩せる理由

アザラシ油は中性脂肪の合成を阻害する働きがあるそうです。

トレメモトレメモ

つまり「中性脂肪がたまる」ということと逆のことをしてくれるようです。

さらに内臓脂肪や皮下脂肪を燃やしてくれる効果も期待できるということ。

日本で手に入るえごま油ならアザラシ油と同じ働き

麻布大学教授の守口徹先生によると、アザラシ油に匹敵する同じグループの油は「えごま油」だそうです。

実は先ほどの実験でとっていたアブラもえごま油だったそうです。

アブラのバランスが重要

サラダ油やコーン油のようなオメガ6脂肪酸と、
えごま油やアザラシ油のようなオメガ3脂肪酸は、
体内で作ることができないので、必ずとらなければいけない必須脂肪酸と呼ばれているとのこと。

そして
オメガ6は血液を固める働きがあり、
オメガ3には血液をサラサラにする働きがあるので、
両方のバランスが大事になってくるようです。

トレメモトレメモ

オメガ6とオメガ3、
どちらか一方の過剰摂取は良くないそうです。

えごま油は熱に弱いので炒め物や揚げ物などの調理に使用するのは良くないようです。
味噌汁やコーヒーに入れるのは食べる直前ならOKです。

オメガ3は妊婦さんにもぜひ

オメガ3をぜひ取り入れてほしい人がいると紹介されたのは妊婦さんでした。
オメガ3は子供の脳の成長に重要で、母体に不足しがちだからということ。

まとめ

1年間えごま油をとり続けた女性は11kg痩せたって紹介されていましたね。
もちろん、暴飲暴食には注意しなければいけませんが、
やっぱり効果はありそうですね^^

スポンサードリンク