結構食べてるはずなのに低血糖…
なんか最近よく眠れない気がする…
という方はもしかして食事のタイミングや内容に問題があるかも。
今回のガッテンでは「心臓ケア&夜ぐっすり!血糖値新情報SP」として血糖値の最新情報について紹介されました!

低血糖に医学界が注目

心臓疾患のスペシャリスト・昭和大学医学部循環器内科学部門の新家俊郎先生が低血糖について教えてくれました。

低血糖と心臓疾患の関係

心臓疾患の患者さん約4人に1人が低血糖が起きていたということですが、

新家俊郎先生は、食後の高血糖が動脈硬化に悪い影響を与えることはよく知られているものの、血糖値の低い状態の人がこんなにいたのかというのが正直な感想だと言います。

低血糖の原因は遅い時間のどか食い

低血糖の原因になる「ある生活習慣」として紹介されたのは遅い時間のがっつり飯でした。

生徒

遅い時間にどか食いをしてしまうことが、
低血糖の原因になるなんて意外ですね。

産業医科大学医学部第1内科学講座の岡田洋右先生によると、
低血糖も確実に血管に悪いそうで、
低血糖自体が認知機能を悪化させるという報告もあるということ。

トレメモトレメモ

低血糖は血管へのダメージにつながり、
これを繰り返すことによって、心臓や脳への影響もあるようです。

問題は昼食から夕食までの時間

問題になるのは朝食と昼食は普通にとっているのにも関わらず、
昼食から夕食までの時間が長くなってしまうことにあるようです。

食べる内容にも問題が

昼食から長く時間があいた夕食に食べる内容が「がっつり」だったりするのも良くないそうです。

炭水化物をどか食いして急激に血糖値が上がると、
血糖値を下げるインスリンが過剰に出てしまい、
だんだん低血糖になってしまうこともあるとのこと、

トレメモトレメモ

血糖値スパイクについてはこちらが参考になります。
健康カプセルゲンキの時間【血糖値スパイク改善!スニーカー大作戦】

低血糖の症状は夜中に起こるあのサイン?

低血糖の方は自覚症状がないことも多いそうですが、
低血糖の方に夜中に目がさめるという症状が多いことがわかったようです。

夜寝ているときにパッと起きてしまう方は、交感神経が睡眠中に活発化し、眠りが浅くなっているということ。

低血糖の症状チェックポイント

・夜目が覚めてしまう
トイレ以外で目が覚めてしまうのは要注意だそうです。

・晩御飯までの間隔が長い
昼食から夕食までの時間が長く、夜遅い時間に「がっつり」食べる習慣がある場合も注意が必要です。

間食で低血糖を対処!

低血糖の嬉しい対策法として紹介されたのは「間食」でした。

夕食までの時間が空いてしまうことがわかっている場合には、
間で間食を取るのが低血糖対策になるそうです。

トレメモトレメモ

間食におにぎり1個などを食べることによって
夕食にはがっつり食べたくなくなる傾向もあるそうです。

まとめ

正直、がっつり食べることが低血糖につながると思っていた方は少なかったのではないでしょうか?
でも、食べるタイミングと内容に問題があったんですね。
もし夕食まで時間が空いてしまうのでしたら軽い間食はOKですし、楽しみが1つ増えますよね^^

・血糖値についての参考記事はこちら
健康カプセルゲンキの時間【血糖値スパイク改善!スニーカー大作戦】

たけしの家庭の医学【キノコのビタミンDが高血糖を防ぐ!ほうれい線に注意】

スポンサードリンク