スポンサードリンク

毎年この時期になると怖いのがインフルエンザウイルスですよね^^;
感染してしまうと高熱や関節痛などに悩まされるだけでなく、
様々な合併症を起こしてしまうことも…
さらにインフルエンザ感染ごの急性心筋梗塞のリスクを高めると言う研究結果も出ているそうです。

そこで健康カプセルゲンキの時間ではインフルエンザの予防法を徹底リサーチ!医師100人のアンケートを元に医師のインフルエンザ予防法についても紹介されました。

医師のインフルエンザ予防方法

医師100人のアンケートによる医師のインフルエンザ予防法ランキングはこちら。

    1位:手洗い
    2位:マスク
    3位:うがい
    4位:予防接種
    5位:加湿

国際医療福祉大学医学部公衆衛生学教授で医学博士の和田耕治先生によると、
1位〜3位までは一般のみなさんと同じだということですが、
予防方法の種類自体は同じでも「やり方」が違うそうです。

医師がマスクを着ける目的は顔を触らないため

東京都市大学人間科学部教授で医学博士の早坂信哉先生に医師がマスクを着ける目的について伺いました。

トレメモトレメモ

早坂信哉先生は世界一受けたい授業の正しい温泉の入り方でも話題になりましたね。
世界一受けたい授業【正しい温泉の入り方!美肌効果におすすめ!ケガへの効果は?】

医師は接触感染を防ぐためにマスクを着けるそうです。

人が触る場所には目に見えないウイルスが多く付着しており、
金属やプラスチックは24〜48時間、ウイルスの感染力が維持されるそうです。

トレメモトレメモ

つまり医師がマスクを着ける理由は口、鼻などの顔を直接触らないためだということですね。

医師が行う手洗いのポイント

医師のみなさんが手洗いの時に気をつけているポイントとして紹介されたのは、

    ・診察ごとに手洗いする
    ・流水で手洗いを頻繁にする

といったように頻繁に手を洗うことだそうです。

そして絶対に気をつけてほしい手洗いポイントは、
通勤で会社に着いた後に手を洗うことです。

トレメモトレメモ

流水手洗い15秒でウイルスが100分の1に減少するので、
石鹸が難しい場合には水で洗い流すだけでも効果があるそうですよ^^

帰宅後の入浴もおすすめ

早坂信哉先生によると、帰宅後は手洗いなどだけでなく、
入浴の温熱作用で、体が温まることによって免疫力が上がるので
帰宅後すぐに入浴するのもおすすめだそうです。

医師が行ううがいのポイント

インフルエンザ対策のうがいとしてはエビデンス(証拠)がないそうです。

インフルエンザ予防としてのうがいは厚生労働省でもすすめてないそうです。

トレメモトレメモ

首相官邸のホームページには、
うがいはインフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていないと書いてあるそうです。
参考:https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/influenza.html

インフルエンザウイルスは鼻や喉の粘膜から細胞に侵入するまで数分から20分程度なので、
細胞に入ってしまった後でうがいをしても手遅れなんだそうです。

トレメモトレメモ

うがいは風邪予防に関しては科学的に実証されているということ。
医師は診察ごとにうがいを行うそうですが、
うがいは1日2回程度ではなく、
こまめにすることがおすすめだそうです。

インフルエンザにかかりやすい人の傾向

相田歯科耳鼻科クリニックの医学博士・相田能輝先生によると、
インフルエンザにかかりやすいかかかりにくいかは、その方のあるクセが影響しているということ。

口呼吸だとインフルエンザにかかりやすい

口が開いている=口呼吸になっていると口の中が乾燥してしまうので、唾液によるバリア機能が下がってしまい、ウイルスがダイレクトに喉に侵入して感染しやすくなるそうです。

口ポッカリで口呼吸になる方は、口周りの筋肉や舌の筋肉(舌筋)が衰えて下がってしまうことが原因だということ。

トレメモトレメモ

朝起きた時、口が乾燥していたり、喉に痛みを感じる人は、
長時間口が開いている可能性があるということ。

あいうべ体操でインフルエンザ予防効果!

神奈川県川崎市ふくじゅ保育園の園長・高橋裕子先生が「あいうべ体操」について紹介してくれました。

あいうべ体操の歌とやり方

あいうべ体操の歌はこちら

    ・大きくお口を「あ」
    ・横に開いて「い」
    ・お口をすぼめて「う」
    ・舌を出して「べ」

このあいうべ体操は口を「あいうべ」と口を大きく動かすことによって口周りや舌の筋肉が鍛えられるというもの。

あいうべ体操の効果一覧

あいうべ体操のそれぞれに期待できる効果一覧はこちらです。

    ・あ=あごの筋肉の強化
    ・い=口元、頬、首回りの筋肉の強化
    ・う=口周りの口輪筋の強化
    ・べ=舌の筋肉の強化

あいうべ体操の歌の動画

まとめ

最後に紹介された「あいうべ体操」は決して子供達だけのものにしておくのはもったいないですよ!
インフルエンザ予防にもなりますし、口呼吸対策にもなりますからね!

スポンサードリンク