スポンサードリンク
健康カプセルゲンキの時間で職業別の熱中症対策について紹介

2019年8月4日放送の健康カプセルゲンキの時間で職業別の熱中症対策について紹介されました。
熱中症対策を教えてくれたのは帝京大学医学部付属病院 高度救命救急センター長 医学博士 三宅康史先生です。

職業別熱中症対策

運送業の熱中症対策

仕事の没頭に注意して水分補給と休息を

仕事に没頭しすぎるには注意が必要です。

トレメモトレメモ

体調の変化にきずいたも仕事に没頭し、熱中症になってしまうこともあるそうです。


生徒

こまめに水分補給と休息が大事なんですね。

汗で濡れた服は着替える

汗をかいたらこまめに着替えましょう。
※濡れた服は乾かないままでいると熱が体内にこもります。
 濡れたまま着替えなければ体内の熱が逃げにくくななります。
 面倒でもこまめに着替えて熱中症予防しましょう。

身体を冷やす

「あかぼうくん」の熱中症対策は保冷剤で身体を冷やすこと。

扇風機で湿度を下げる

あかぼうくんは着ぐるみの中に扇風機を入れてました。

トレメモトレメモ

扇風機は温度も湿度も下げてくれるので、熱中症対策になります。

飲み物を常備する

あかぼうくんは着ぐるみの中に飲み物も常備していました。
さぞかし暑いのではと思いましたが意外と快適のようでです。

30分ごとに麦茶を飲む

運送業7年の久木元さんの運送中の熱中症対策は麦茶をこまめに飲むこと。
※緑茶やコーヒーにはカフェインが入っていて、利尿作用の働きがあり体内の水分を外に 出してしまいます。麦茶ならカフェインは入っていません。

トレメモトレメモ

汗で失ったミネラルも補給できます。夏場は麦茶を多めに摂りましょう。

快適な環境でも水分補給をする

快適な環境とはエアコンが効いた車の中のこと。
※エアコンは乾燥するので油断禁物!しっかり水分補給が大事です。

豚肉は夏バテ防止にも良い

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれているので、夏バテ予防に良いそうです。

プロ野球選手の熱中症対策を岡島秀樹さんから学ぶ

元プロ野球選手の岡島秀樹さんが現役の時に行っていた熱中症対策はクエン酸やブドウ糖を摂る様にしていたそうです。

トレメモトレメモ

三宅康史先生によると、クエン酸やブドウ糖など分解されて吸収されやすく、エネルギーに変えてくれるので、疲れがたまった時など熱中症予防にもなるそうです。

アイドルの熱中症対策を元AKB48北原里英さんから学ぶ

元AKB48北原里英さんは夏のコンサート時には保冷剤で頭と首を冷やす事が熱中症対策だったそうです。

トレメモトレメモ

三宅康史先生によると身体を冷やすには首周りの太い血管(皮膚の表面ちかくにある)を
冷やすと素早く身体を冷やすことが出来るそうです。

そのほかの熱中症対策

・柑橘類や梅干しなどクエン酸やビタミンCなど多く摂って発汗作用を促しましょう。
・寝室は寝る前に心地よい温度設定にしておきましょう。
※外壁には昼間の外気温の熱が溜まっているため室内は熱がこもりやすいので、寝る前に ぐっすり寝られるように、
 扇風機で下に溜まったエアコンの冷気を循環させましよう。

まとめ

なにかに夢中になっている時って、途中で水分補給するのも面倒でついそのまま続行してしまいます。喉が渇いたら飲めばいいでは熱中症になってしまうかも知れないと考えたら、こまめに水分補給することはとても大事なことなんですね。

スポンサードリンク