スポンサードリンク
健康カプセルゲンキの時間【インターバル速歩のやり方!登山に腰痛や肩こり・メタボ改善効果】

2019年8月11日放送の健康カプセルゲンキの時間で登山の健康効果について紹介されました。

トレメモトレメモ


登山の様々な健康効果について教えてくれたのは信州大学学術研究院医学系特任教授で医学博士の能勢博先生。

登山には健康効果がある!

今回は東京の高尾山に登りましたが、
登山を定期的に続けることで生活習慣病が改善して、より健康になれると能勢博先生は言います。

腰痛肩こり改善効果

北里大学大学院整形外科学教授の医学博士・高平尚伸先生によると
登山では下半身の筋肉が使われ、脚力を使うために腹筋や背筋など体の核になる筋肉が使われるので全身の血行がよくなり、
肩こりや腰痛の予防や改善がつながるそうです。

トレメモトレメモ

リュックを背負うことで内側に入り込んだ肩が正常に開き、
猫背も解消するほか、
血流が良くなるので「こり」の改善につながるそうです。

フィトンチッドとNK細胞で免疫力アップ効果

日本医科大学リハビリテーション学分野の医学博士・李卿先生によると、
森の中では木漏れ日や風を感じたり五感を通してリラックスできるということです。

トレメモトレメモ


フィトンチッドという木の香り物質を吸うことでナチュラルキラー細胞(NK細胞)という体内に侵入した細菌やウイルスを倒してくれる細胞が活性化するそうです!

生徒


NK細胞が増えることで様々な病気への免疫力がアップするということですね!

メタボ改善効果

最大心拍数の7割以上の運動がメタボ改善につながるということですが、登山はその運動が自然にできるんです!

トレメモトレメモ


最大心拍数の7割以上の運動によって脂肪を減らせるのでメタボ改善効果につながるとのこと

登山後は牛乳を飲んで筋力アップ

ややきつい運動の後には身体のタンパク質を合成する能力が高まっているので、
運動後に牛乳に含まれる乳タンパク質を摂取すると筋力が効率的にアップするようです。

下山には脳活性効果

下山するときには「どこに足を置くのがいいか?」といったことを考えながら歩くので脳が活性化されるそうです。

登山が面倒?インターバル速歩で登山同等効果!

・高尾山の他におすすめの山

北海道:藻岩山
岐阜県:金華山
山形県:羽黒山
福岡県:油山

トレメモトレメモ


でも、そもそも登山に行けないとか
登山なんて面倒って思う方もいますよね?
そんな方におすすめなのが「インターバル速歩」です!

インターバル速歩のやり方

1)息が弾む程度の速度でやや大股で早歩きします。
2)散歩するくらいの速度でゆっくり歩きします。
3)早歩きとゆっくり歩きを交互に3分間行います。
4)早歩きとゆっくり歩きを5セットで週に4回行います。

トレメモトレメモ


このインターバル速歩で登山と同じような運動量になるようです!

まとめ

下山の転倒防止には登山用のストックを使うといいそうです。
でもそれよりも手軽にできるインターバル速歩を覚えて習慣にしたいですね!

スポンサードリンク