スポンサードリンク
ハナタカ【歯ブラシ&歯磨き!親指で歯ブラシを確認する方法と舌磨きのタイミング】

歯磨きって毎日行うものですが、
実は間違った磨き方をしてしまっていることで、
逆効果になっていたとしたら…?

そこで今回のハナタカでは歯ブラシ専門店が教える歯磨きや歯ブラシに関わる3つのハナタカ事実について紹介されました!

歯ブラシ専門店ハナタカな3つの事実

歯を磨く時は水で歯ブラシを濡らすな

歯を磨く前に歯ブラシを濡らしてしまう人って結構多いんですよね。

生徒


え〜!ふつーに濡らしてました…

歯を水で濡らしてしまうと泡立ちが良くなりすぎてしまい、
なんとなく磨けた気になってしまうことが多いようです。

宇田川歯科医院理事長の宇田川宏孝先生によると、
泡が立つと短時間で磨いた気になってしまい、
結果的に最近や汚れが落ちてないことが多くなってしまうそうです。

メガデント銀座店の坂向淳店長によると、
使う前に濡らしてしまうと今の歯磨き粉は水分が含まれているため、
さらに唾液が含まれてしまうので歯磨き粉の濃度が薄まってしまうそうです。

トレメモトレメモ


どうしても歯ブラシを洗ってから使いたい場合には、
しっかりと水を切るといいとのこと。

舌磨きのタイミングを間違えて舌ブラシするな!

メガデント銀座店の坂向淳店長によるとほとんどの人が舌磨きのタイミングを間違っているとのこと。

生徒


歯磨きしてから舌ブラシじゃ、間違ってるのかな?

実は舌磨きのタイミングは歯ブラシで歯磨きをする前なんだそうです。

口臭の原因である舌苔対策として舌ブラシが大事と宇田川宏孝先生は言いますが、
舌の粘膜は弱いので研磨剤の歯磨き粉を使ったあとだと舌を傷つけてしまうとのこと。

トレメモトレメモ


ですから、
舌ブラシは歯を磨く前がベストタイミングなんですね!

歯ブラシ・舌ブラシ・歯間ブラシの順番


正しいお手入れの順番

1)舌ブラシ
2)歯間ブラシ
3)歯ブラシ

自分にあう歯ブラシは親指を見ろ!

歯ブラシの毛の幅や歯ブラシの長さが自分に合ってないと、
歯を磨けているつもりが磨けてないということになってしまうと、
宇田川宏孝先生は言います。

トレメモトレメモ


実は自分に合った歯ブラシは親指で確認できるとのこと。

チェックするのは以下の2つ。
・歯ブラシの長さ
・ヘッドの幅

歯ブラシの長さ

1)下を1cmほど開けて歯ブラシを持ちます。
2)歯ブラシを持った状態で親指を伸ばします。

トレメモトレメモ


親指を伸ばした時にブラシに隙間があるのが○
このほうが奥歯まで届きやすいそうです。

ヘッドの幅

歯ブラシの幅は前歯2本分が適しているとのこと。
でも歯ブラシをお店で前歯に当てるわけにはいかないので、
親指を使って確認します。

親指の第一関節の長さが前歯2本分に近いので
親指の第一関節をブラシに合わせて少し毛が見えるくらいが最適だそうです。

歯ブラシの替え時は?

歯ブラシを交換するタイミングは、期間ではなく、使用回数により、
繰り返し使用して毛先が広がり、裏側から見て毛が見えるようになったら替え時だということです。

歯ブラシが広がる原因は細かい傷ができるからで、
そしてその細かい傷にはばい菌が潜んでいるそうです。

生徒


そんな歯ブラシで磨いてたら、
ばい菌で磨いているようなものかも…

まとめ

親指だけで自分に合ってる歯ブラシが見つけられるなんて手軽でいいですね!
まずは歯ブラシの裏側をチェックして毛先が広がってないか調べることから…ですね!

・歯磨きについてはこちらも参考になります!
名医のTHE太鼓判【オリーブオイルうがいで口臭改善!歯磨き後のやり方】

スポンサードリンク