2018年11月24日放送のジョブチューンでは、
健康のプロフェッショナルである医者のみなさんと栄養のプロフェッショナルである管理栄養士の渥美真由美先生が最強タッグを結成し、
様々な病気の予防に効果が期待できる最強の食べ合わせと簡単料理のレシピについて紹介してくれました。

ブロッコリーで動脈硬化を予防

ブロッコリーを食べることで予防できる病気としてまず初めに紹介されたのは動脈硬化です。

ブロッコリー×大根が動脈硬化予防に効果的な理由

東京女子医科大学の心臓血管外科医・新浪博士先生によると、
ブロッコリーは大根との食べ合わせによって動脈効果の予防に効果的なスルフォラファンという成分が生まれてくるとのこと。

トレメモトレメモ

スルフォラファンには動脈効果の原因となる悪玉コレステロールがたまるのを防ぐ効果があるそうです。

ブロッコリーの大根おろし和えレシピ

ブロッコリーの大根おろし和え
材料(2人分)
ブロッコリー1個
大根おろし大さじ3杯
ポン酢大さじ2杯

1)ブロッコリーを1分半電子レンジ(600W)で加熱します。
2)加熱後のブロッコリーをボウルにあけて、大根おろしとポン酢で和えます。

スルフォラファンを生み出す大根の成分は熱に弱いため、大根は加熱せず大根おろしとして食べるといいそうです。

ブロッコリーで認知症を予防

メモリークリニックお茶の水の認知症専門医・朝田隆先生によると、ブロッコリーには葉酸という認知症に効く栄養素が含まれているということ。

トレメモトレメモ

脳の血管を傷つけて認知症を引き起こす原因になるホモシステインという成分を減らしてくれるそうです。

そして葉酸とビタミンB12を一緒に摂ることで認知症の原因となるホモシステインを減らす力が高まるということ。

ブロッコリー×牡蠣が認知症予防に最強の組み合わせ

そして管理栄養士の渥美真由美先生が認知症予防効果が期待できるブロッコリーとの最強の食べ合わせとして選んでくれたのが牡蠣です。

牡蠣にはビタミンB12が豊富に含まれていて葉酸を含むブロッコリーと食べ合わせると認知症予防に最強の組み合わせだということ。

ブロッコリーと牡蠣のみそクリームスープレシピ

ブロッコリーと牡蠣のみそクリームスープ
材料(2人分)

ブロッコリー1/2
牡蠣6
オリーブオイル大さじ1
にんにく1/2かけ
玉ねぎ1/4
薄力粉大さじ1
牛乳400ml
みそ小さじ1
塩コショウ少々
粉チーズ少々

1)にんにくと玉ねぎをみじん切りにします。
2)オリーブオイルをひいた鍋か厚底のフライパンににんにくと、玉ねぎを入れます。
3)薄力粉をまぶした牡蠣を加えて炒めます。
4)少しずつ牛乳を加えます。
5)みそを溶かし、塩コショウで味を整えます。
6)粉チーズと電子レンジで加熱したブロッコリーを加えたら完成です!

今回紹介された鮭と豚肉のレシピ

・鮭のレシピ
ジョブチューンレシピ【鮭×キウイ!サーモンとゴールデンキウイのマリネ】

・豚肉のレシピ
ジョブチューンレシピ【豚肉と赤パプリカの中華風はるさめ炒め+豚のり鍋】

まとめ

どれもものすごく簡単そうでしたが、
ブロッコリーの大根おろしあえは最強に簡単ですよね!
これならお腹が気になる旦那さんに頻繁に作ってあげられるかも!

・そのほかの【簡単】人気レシピ記事はこちら
男子ごはん【ごぼうの肉巻き・里芋のポテサラ・大根マーボーレシピ】
ケンミンショー【福井県油揚げご飯レシピ】

スポンサードリンク