スポンサードリンク
たけしの家庭の医学【ブルーベリーが血糖値を上げにくく糖尿病発症リスクを下げる】

ブルーベリーというと、フルーツっていうイメージがありませんか?
でも、実はブルーベリーが血糖値を上げにくくしてくれて、糖尿病リスクを下げてくれる効果が期待できるんだそうです。

今回のたけしの家庭の医学ではブルーベリーと血糖値の関係とブルーベリーの食べ方やタイミングについて紹介されました!

紫色の食べ物が血糖値を上げにくくする

血糖値を上げにくくする色とは紫でした!

紫色の食材はこちら

    ・紫キャベツ
    ・なす
    ・紫いも
    ・ぶどう
    ・ブルーベリー
    ・ラディッシュ

など

これらのすべての食材に血糖値を上げにくくしてくれる効果があることがわかってきたということです。

アントシアニンが血糖値を上げさせない栄養成分

東邦大学医療センター大森病院の弘世貴久先生によると、
紫色の色素成分であるアントシアニンが糖尿病の発症を抑えるのに良い働きをしているそうです。

アントシアニンと血糖値に関する医学論文は世界で200本以上発表されていて、医学界で注目されているとのこと。

ブルーベリーが血糖値を上げにくくする!

紫色の食材の中でもダントツにアントシアニンが多く、血糖値を上げにくくする食材として紹介されたのがブルーベリーでした。

トレメモトレメモ


日本で初めてブルーベリーを栽培して販売した島村速雄さん(74歳)によると、
ブルーベリーは東京都小平市が発祥地(経済栽培を初めて日本で行なった地点)だそうです。

ブルーベリーは糖尿病の発症リスクも下げる

2013年世界五大医学誌の1つであるブリティッシュメディカルジャーナルの誌上で、
1週間にブルーベリーを200g以上食べている人は食べていない人に比べて糖尿病(2型)の発症リスクが33%減少したということです。

ブルーベリーの血糖値を上げない効果的な食べ方

    ・午前6時にブルーベリースムージー
    ・午前10時に冷凍ブルーベリーを20粒
    ・午後3時に冷凍ブルーベリーを10粒

弘世貴久先生によると、このタイミングがアントシアニンの血中濃度の上がりにちょうど食事時間があたっているということです。

ブルーベリーは食事の1時間から3時間前に食べる

食事の1〜3時間前にアントシアニンを摂取することによって食事の時にはインスリンの働きが高まるので、
効率的に血糖値の上昇を抑えることができるそうです。

特製ブルーベリージュースの作り方レシピ

    1)ブルーベリーを20粒ほど鍋に入れます。
    2)水を加えないで約10分間コトコト弱火で煮出します。

ブルーベリースムージーレシピ

    1)りんごと小松菜、乳酸菌飲料を容器に入れます。
    2)ブルーベリーの果汁をコップ半分加えます。
    3)ジューサーのスイッチをON!

冷凍ブルーベリー

島村さんが1番おすすめするのは冷凍ブルーベリーだそうです。

冷凍ブルーベリーなら凍らせておけば日持ちしますし、
暑い夏にはひんやり食べられるとのこと。

トレメモトレメモ


お子さんのオヤツにも良さそうですね^^

この冷凍ブルーベリーを5、6粒合わせて口に入れると感じ方が違っていいとのこと。

まとめ

ブルーベリーをコトコト煮るのはちょっと面倒に感じた方もいるかもしれませんが、
冷凍ブルーベリー、手軽だし、とっても美味しそうですね♪
これからの季節にぴったりです。

・血糖値に悩んでる方にはこちらも参考になります。
名医のTHE太鼓判【レジスタントスターチで血糖値対策!炭水化物は冷やせばOK】

ガッテン【低血糖の原因と症状チェック!対処法は間食?】

健康カプセルゲンキの時間【血糖値スパイク改善!スニーカー大作戦】

スポンサードリンク