スポンサードリンク
この差って何ですか?【100歳以上健康長寿の食べ物ランキング!豚肉+サツマイモ&ヨーグルト+玉ねぎレシピ 】

全国で100歳以上の方が69,785人(厚生労働省調べ)ご長寿の皆さんがいるそうです。
その内の300人の方に「週3日以上食べている食材は?」「一緒に食べている食材は何?」とアンケートをお願いして集計した結果と、何故その組み合わせが身体に良いのかについて紹介!

教えてくれたのは、健康長寿を20年以上調べ続けている、
お茶の水健康長寿クリニックの院長白澤卓二先生です。

豚肉+さつまいもで動脈硬化予防

集計結果、1位になったのが豚肉です。
豚肉にはビタミンB1がたくさん含まれていて、「疲労回復や免疫力up」に効果があり健康長寿には欠かせない食材だそうです。
豚肉の脂は吸収されると血液にはいってから過酸化脂質に変化するそうです。
それが動脈硬化を引き起こす原因となるわけです。

1位なった豚肉+さつまいもの組み合わせで「動脈硬化予防」に効果があるそうです。
さつまいもと豚肉の組み合わせって珍しい組み合わせのように感じますが、さつまいもの中にはビタミンĒが豊富で、一緒に食べる事によって脂が過酸化脂質に変わるのを防いでくれるそうです。
豚肉の弱点を消してくれるので、本当の健康長寿の豚肉になるという事言う事なんです。
その上老化も防いでくれます。
(ジャガイモには、それほどビタミンĒは含まれていないんだそうです。)

豚肉+サツマイモレシピ

1位の豚肉+さつまいもを毎日食べているのが埼玉県羽生市にお住いの健康長寿 出井ナツさん100歳が20年以上食べ続けている「豚肉とさつま芋の甘辛煮」を紹介します。

材料・・・豚肉(適量) サツマイモ(適量) 玉ねぎ(適量) 

作り方

1、豚肉は小さく切る
2、水を加えて一煮たちさせる
3、その中に皮つきで食べやすく切ったさつまいもを入れる
4、しょうゆ・砂糖(適量)で味付けして、さつまいもを煮る
5、最後に玉ねぎは食べやすくスライスしていれる
6、一煮立ちさせて完成

100歳のナツさんは計算ドリルを毎日欠かさないというから凄いです。
テレビを見ながら傍らには国語辞典を置き、分からない漢字が出るとすぐに調べられるように、積極的に頭を使うようにしているのには驚かされました。
身体の中だけではなく、認知症にならないように脳にも刺激を与えているのには、大変参考になりました。
ナツさんの元気の源は豚肉という事のようです。

ヨーグルト+玉ねぎで腸内環境改善

2位はヨーグルトです。
腸内環境を作っている「ビフィズス菌」ですが、エサをしっかり入れて「ビフィズス菌」を増やさないと腸内環境も良くならないそうです。

腸内環境には食物繊維が良いのですが、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、腸内環境には水に溶ける水溶性植物繊維を好むという事です。

玉ねぎには水溶性食物繊維が多く含まれているそうです。
ヨーグルトに玉ねぎを+することで腸内環境改善する働きがupするそうです。

ヨーグルト+玉ねぎレシピ

2位のヨーグルト+玉ねぎを食べているのが栃木県那須烏山市にお住いの今年100歳の池沢勝久さん。
勝久さんが欠かさず食べているのがヨーグルトの玉ねぎかけ

作り方
1、玉ねぎを薄くスライスする(適量) 
2、その上からはちみつをかける(適量)ビンに入れてはちみつ漬けにしておく 
3、ヨーグルトを器に入れ、好みの量の玉ねぎを入れて混ぜて食べる
簡単で美味しいそうです。
勝久さんの日課は、毎日自宅から5分ほど離れた畑に、一輪車を押して約30坪の畑を耕して野菜を作っている、
しかも一人ですべて行っていると言うから凄いです。
このヨーグルトの玉ねぎかけのおかげでしょうか、ここ15年位、風邪もひいたことが無いのがご自慢のようです。

まとめ

先生は、長い生活の中で、この食材の組み合わせに到達したからこそ、100歳過ぎても身体も脳も衰え知らず、その食材の組み合わせを実践しているから健康長寿なんだと納得していました。
人の手を借りずに自分の力で歩くだけでなく、重い物も動かす力も衰え知らず、健康で長生きするには食材の組み合わせが大きく関わってきているという事が分かりました。

スポンサードリンク