スポンサードリンク
きょうの料理【岩手県郷土料理ひっつみを使ったかきのそばひっつみレシピを田澤章雄先生が紹介】

2018年11月20(火)放送のきょうの料理で、
岩手県郷土料理ひっつみを使った、「かきのそばひっつみ」レシピを田澤章雄先生が紹介してくれました。

ひっつみ料理

ひっつみとは?

小麦粉を練り、薄く伸ばして手でちぎったものを具沢山の汁物に入れた、
岩手県の郷土料理です。
「手でちぎる」ことを方言で「ひっつむ」ということから、「ひっつみ」と言われるようになりました。

田澤章雄先生が教えてくれました

田澤章雄(たざわ あきお)先生:日本料理店料理長
岩手県盛岡市出身。地元の食材を使いて、確実な技で作る料理に
多くのファンがいます。また、予防医学協会アドバイザーでもあり、
体にやさしくヘルシーなレシピを提案しています。

ひっつみを使ったレシピ

かきのそばひっつみの材料

★材料(2人分)
・そば粉:50g
・強力粉:50g
・水:40ml
・かき(生食用):4コ(100g)
・まいたけ(食べやすくほぐします):60g
・しめじ(食べやすくほぐします):40g
・生しいたけ(薄切り)20g
・ごぼう(薄いささがき):6g
・だし:カップ1と1/2
A
・酒:大さじ2
・みりん:小さじ1

・みつば(熱湯にサッとくぐらせて結びます):適量
・青柚子(あおゆず)の皮:適量
・サラダ油:小さじ1/3
・しょうゆ:小さじ1/4
・片栗粉:小さじ1
・塩:少々
・うす口しょうゆ:小さじ1/4

※カロリー:250kcal
※塩分:1.6g
※調理時間:30分(生地を冷蔵庫で休ませる時間は除きます)

「かきそばのひっつみ」の作り方

1. ボウルに「そば粉」、「強力粉」を入れて混ぜます。
2. 「 水:40ml」を加え、スプーンで混ぜて手でこねます。

トレメモトレメモ

「水」の量の目安は、粉に対して40%です。生地が硬い時は、
「水」を小さじ1ずつ加えて、親指の付け根を使って押すようにこねます。

トレメモトレメモ

「水」が多すぎると粘り気がなくなりますので、気をつけてください。

3. ひとまとまりになって「サラダ油:小さじ1/3」を加えたら、
  さらにこねます。
4. ラップで包んで、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。
5. 1時間休ませたら直径2㎝棒状にのばして、
  2㎝の幅にカットし両手ではさみ薄くつぶします。
6. 鍋にお湯を沸かして、4〜5分ほど茹でます。
7. ざるに上げて流水で洗い水気をきる。
8. 「かき」を流水で洗い、水気を拭きます。
9. 「しょう油:小さじ1/4」をふってなじませます。
10.「片栗粉:小さじ1」をまぶして、余分な粉をはたきます。

11.「だし」、「塩:少々」を鍋に入れ中火にかけます。
12. 煮立ったところで、「A」を加えたら、
 「まいたけ」、「しめじ」、「生しいたけ」も加えます。
13. 再度、煮立ったところで、「10」の「かき」を加えて、
  2〜3分煮ながらアクを取ります。
14.「7」の「ひっつみ」を加え、ひと煮立ちさせます。
15. 「うす口しょうゆ:小さじ1/4」を加えて香をつけます。
16. お椀に「ごぼう」入れたら「13」の汁ときのこを注ぎます。
17.「かき」、「ひっつみ」を盛り付けて、
  「みつば」、「青柚子の皮」をのせて完成です!

まとめ

岩手県の郷土料理「ひっつみ」を使った「かきのそばひっつみ」は、
「しめじ」や「生しいたけ」、「ごぼう」、旬の「まいたけ」と「かき」
といった食材が香りを広げてくれます。「かき」が入っていることで
豪華な食卓になりますし、おもてなしの一品としてもオススメです。

これからの季節には欠かせない鍋料理を是非、味わってみて下さい。

スポンサードリンク