2018年11月8日(木)放送の「きょうの料理」で、「えび入り水ギョーザ」レシピを栗原はるみ先生が紹介してくれました

「えび入り水ギョーザ」レシピ

栗原はるみ先生のご自宅では、「えび入り水ギョーザ」を食卓で茹でながら召し上がるのが家族の楽しみだそうで、茹でたての水ギョーザを好きな「たれ」と「薬味」で食べると、「ホッと」するそうです。いつも大量に作っても、すぐになくなってしまうそうです。

栗原はるみ先生:料理研究家

作りやすいだけではなく、美味しくてアイディアのある料理、お菓子のレシピを提案されています。ファンの年齢層も幅広く多くの支持を得ています。雑誌・テレビで活躍していて、著書も多く出版されてます。「きょうの料理」では、長年レギュラー出演されています。

香味じょうゆだれの作り方

★用意するもの
・小鍋

・しょうゆ:カップ1
・干ししいたけ(スライス):5〜6枚
・昆布(5㎝四方):2枚
・削り節(厚削り):4〜5枚(15〜20g)

・玉ねぎ:1/4コ分(50g /1㎝角にカット)
・ねぎ:1/2本分(50g /1㎝幅にカット)
・にんにく:1かけ分(薄切り)
・しょうが:1かけ分(薄切り)
・赤とうがらし:1本分
(半分にちぎり「ヘタ」、「種」を取ります)

1. 小鍋に「しょうゆ」を入れ中火にかけます。
2. 煮立ってきたら、「干ししいたけ」、「昆布」、
  「削り節」を加えて火を止めます。
3. 冷めたところで、「玉ねぎ」、「ねぎ」、「にんにく」、
  「しょうが」、「赤とうがらし」を加えて、
   冷蔵庫に入れて一晩おきこして完成です。
※「たれ」のみを保存容器に移して、冷蔵庫で保存可能です。(約1週間)

ごまだれの作り方

材料
・練りごま(白):大さじ3
・しょうゆ:大さじ1
・砂糖:大さじ1
・酢:大さじ1/2〜1

・材料をよく混ぜ合わせて完成です。

えび入り水ギョーザの作り方

★材料(4人分/20〜25コ)
・ギョーザの皮(市販):20〜25枚
・えび(無頭/殻付き:10〜12匹(正味200g)
・にら:1ワ(100g)
・鶏ひき肉:50g
A
・スープ:大さじ1(「顆粒チキンスープの素
(中華風)」小さじ1/2を「お湯」大さじ1で溶いて冷ましたもの)
・紹興酒(または酒):大さじ1/2
・ごま油:大さじ1/2

・しょうが汁:小さじ1
・紹興酒(または酒):少々
・香味じょうゆだれ:適量
・ごまだれ:適量
・パクチー(「香菜:シャンツァイ」の事):適量
・豆板醤(トーバンジャン):適量
・ラーユ:適量
・塩
・こしょう

※カロリー:30kcal(1コ分)→たれは除きます。
※塩分:0.1g(1コ分)→たれは除きます。
※調理時間:25分

★用意するもの
・ボウル×1

1. 「えび」の殻、尾を取って、背中を開き背ワタを取り除きます。
2. 包丁の腹の部分でつぶしながら、ちぎるような感じで粗く切ります。
3. 「にら」が太い場合は幅を半分にして、みじん切りにします。
4. 「A」
 ・スープ:大さじ1(「顆粒チキンスープの素
 (中華風)」小さじ1/2を「お湯」大さじ1で
  溶いて冷ましたものです。)
 ・紹興酒(または酒):大さじ1/2
 ・ごま油:大さじ1/2
  は、よく混ぜておきます。

トレメモトレメモ

「にら」の幅を半分にカットしてから、みじん切りする事で
 口当たりがよくなり、タネになじみやすくなりますよ。

5. ボウルに「2.のえび」、「ひき肉」、「4(A)」を入れて、
  粘り気が出てくるまで、よく練り混ぜ合わせます。
6. 「しょうが汁」を加えて、さらに混ぜ合わせます。
7. 「塩」、「こしょう」、「にら」を加えて混ぜ合わせます。

8.「ギョーザの皮」の中心に「7」をスプーン1杯ほどのせて、
縁(ふち)に「水(少々)」をつけて、ひだを寄せて閉じ合せて包みます。

9. 鍋にたっぷりのお湯を沸かして「紹興酒」を加えます。
10.「ギョーザ」を入れて「弱火」で2分ほど、
  浮いてくるまで茹でて火を通します。

トレメモトレメモ

「グツグツ」しているお湯で茹でると、ギョーザの皮が破れやすくなるので、
 「フツフツ」した火加減で茹でるベストですよ。

11. 器に「水ギョーザ」を取って、「香味じょうだれ」、
  「ごまだれ」をつけて食べます。お好みで「パクチー」、
  「豆板醤」、「ラーユ」を添えて完成です。
トレメモ
「香味じょうゆだれ」の具を刻んで、
 薬味として添えても美味しいですよ。

まとめ

「えび」と「ひき肉」を混ぜ合わせたタネを包み、
 茹でると「ツルン」した食感が味わえて楽しめます。

「香味じょうだれ」や「ごまだれ」の他にも、
 お好みで「パクチー」や「豆板醬(トーバンジャン)」、
「ラーユ」を添えたり、「香味じょうだれ」の具を刻んで薬味にしたりと、
 お好みで色々な味わい方を楽しみながら食べられますよ。

スポンサードリンク