スポンサードリンク
きょうの料理【たいとオリーブのばらずしレシピ】

2018年11月21日(水)放送のきょうの料理で山中美妃子(やまなか みきこ)先生が「たいとオリーブのばらずし」レシピを紹介してくれました。

たいとオリーブのばらずしレシピ

教えてくれるのは山中美妃子(やまなか みきこ)先生

・山中美妃子(やまなか みきこ)先生:料理研究家
母親が料理学校を経営。会社員になっ後、地元、香川県高松市に戻り
料理の道を歩む。県の食農アドバイザーであることから、県産品を
広めたり料理教室や講習会で暮らしに合う家庭料理を提案しています。

たいとオリーブのばらずしの材料

材料(4〜5人分)
・米:360ml(2合)

A
・昆布(5㎝四方):1枚
・酒:大さじ2

・たい(刺身用):150g
・オリーブ(緑/種あり):10コ
・かぼちゃ:30g
・水菜:50g
・青じそ:5枚
・みょうが:1コ
・しょうが:5g
・金時豆(甘煮/市販):50g
・昆布(7㎝四方):1枚

B
・酢:大さじ4
・砂糖:大さじ3
・塩:小さじ1/2
・ちりめんじゃこ:10g

・白ごま:小さじ1
・塩:小さじ1/2、少々(3、5で使用します)
・酒:大さじ2
・酢:大さじ3、小さじ1(10、14で使用します)
※カロリー:330kcal
※塩分:1.2g
※調理時間:40分(米を炊く時間、すし飯の粗熱を取る時間は除きます。)

たいとオリーブのばらずしの作り方

1. 米を洗ってザルに上げて炊飯器釜に入れ、水を分量通り加える。
2. 加えた水の1/2を取り除いて、「A」を加えて普段通りに炊きます。
3.「たい」に「塩:小さじ1/2」をふって、15分ほどおきます。
4. 「オリーブ」を水に5〜10分つけて塩けを抜きます。
5.「かぼちゃ」の皮をむき、千切りにして「塩:少々」を入れた水に5分ほどつけます。
6. 「水菜」は2㎝の長さにカットして冷蔵庫で冷やします。
7. 「青じそ」、「みょうが」、「しょうが」は千切りにして、それぞれを水にさらし、水けを絞ります。
8.「金時豆」は水で洗います。

9.「3」の「たい」に「酒:大さじ2」をふりかけて、水けを拭きます。
10. バットに「酢:大さじ3」を入れ「昆布」を浸して「たい」を並べます。
11. 5分経ったら裏返して、さらに5分おいて酢じめにします。

トレメモトレメモ

昆布を浸した酢は即席の酢じめになります。
しめる時間は短くても酸味はまろやかです。

12.「B」を合わせて鍋に入れ、火をかけて砂糖を溶かします。
13.「2」の昆布を取り除き、盤台に移して、「12」を回し入れます。
14. 切るように混ぜ、「酢:小さじ1」をふり全体を混ぜます。
15. 粗熱が取れたところで「4〜8」を加え混ぜ合わせて「11」の「たい」をのせる。仕上げに「白ごま」をふって完成です。

まとめ

「ばらずし」と言えば、すし酢や具材は甘めなものを使っていることが多いですが、香川県名産「たい」、「オリーブ」を使った「たいとオリーブのばらずし」は甘さ控えめなので、さっぱりしていますし、酢飯に薬味をたっぷり加えていますから、食べやすくなっています。また、彩りの良い具材が味を引き立ててくれます。「たい」、「ばらずし」というと、お祝い事といった感じですが、普段の食卓にあると見た目が華やかになります。甘さ控えなので上品な味わいで、ちょっと贅沢な気分にもなりますよ。

スポンサードリンク