スポンサードリンク

2019年5月6日放送の上沼恵美子のおしゃべりクッキングで海老とれんこんの落とし揚げのレシピを紹介!
海老とれんこんの落とし揚げを教えてくれたのは、辻調理師専門学校の先生 岡本健二さんです。

海老とれんこんの落とし揚げのレシピ

海老とれんこんの落とし揚げは衣に小麦粉と片栗粉を使っているので衣はサクっとして
海老としょうがと青じそが香り立ち、れんこんのサクサク感が際立つ揚げ物です。
香り豊かでかき揚げとは又違った美味しさの揚げ物です。
ご家族皆さんのお口に合うと思います。
振り塩とレモンでさっぱりといただけます。
お子さんにはマヨネーズわ添えてあげると喜ばれると思います。

海老とれんこんの落とし揚げの材料:2人分

・えび   200g
・れんこん  150g
・青じそ 5枚
・しょうが(みじん切り) 5g
・マヨネーズ 大さじ1
・塩    小さじ⅓
・小麦粉 40g
・片栗粉 20g
・水 80ml
・レモン  適量
・塩    適量 
・揚げ油  適量

海老とれんこんの落し揚げの作り方

1)まず海老の下処理として背わたを取る。(カラとカラの間に竹串をつっこんで背わたを抜きます。
2)海老のカラをむきボールに入れ塩でよくもみ洗いします。
3)キレイな水でよく洗い流します。
4) キッチンペーパーでえびの水分を撮ります。
5) 海老は粗めに刻んでおきます。
6) れんこんは皮をむき5㎜角に切り軽く水にさらしてザルにあげておきます。
7) 青じそは千切りにし、しょうがはみじん切りにしておきます。
8) ボールに海老とれんこんを入れ、しょうがと青じそを入れ混ぜ合わせます。
8) 次にマヨネーズ、塩、小麦粉、片栗粉をボールに入れざっくり混ぜます。
10) 水を加え混ぜ合わせ、ドロッとした状態まで混ぜます。
11) フライパンに揚げ油を入れ165~170度の低温で温度設定をします。
12) スプーン1杯の具を揚げ油に入れて沈むのを確かめます。
13) 確認出来たらスプーンで残りの具を救いながら全部油に入れます。
14) 少したってからフライパンの底にくっついている衣や周りの衣がくっついて  いたらお箸ではがします(5分ほどかけてじっくり揚げます)
15) 衣が浮いて来たら裏返します。
16) 泡が落ち着いてきて海老が赤く色ずいて来たら揚がっています。
17) 油を切ったら軽く塩を全体に振り完成です。

海老とれんこんの落し揚げ

海老の冷凍の臭いは塩でもみ洗いをすることで取れるのでボールの中で塩もみした後、水でキレイに洗い流します。この時ヌメリも一緒に取れます。
れんこんはさっと水にくぐらせる位でざるにあげます。
長く水に浸けると栄養分が水に流れてしまうので軽く浸します。
小麦粉が具と具の間に残っているとダマになってしまうので、よーくまんべんなくかき混ぜることで美味しい衣になります。
揚げ油の温度はなるべく低温でじっくり揚げてあげると、れんこんに火が通りやすくなります。
1度沈んで次に上がってくるころ、泡の音がパチパチとにぎやかになります。
鍋の底に衣がくっついていることがあります。
こういう時は、はしでちょっとはがしてあげます。
衣が少し固まってきたら裏返します。
暫くすると泡も落ち着いてきます。
海老の赤い色や青じそが見えて来たられんこんにも火が通っています。
アツアツのうちに塩を軽く振り、食べる時に好みでレモンをかけます。
サクっと口に法場れば、海老の甘さやしょうがと青じその風味がマッチして美味しくいただけます。

スポンサードリンク