スポンサードリンク
キューピー3分クッキング【牛肉、もやし、小松菜のしょうゆ炒めレシピを石原洋子先生が紹介】

2018年12月5日(水)放送のキューピー3分クッキング「牛肉、もやし、小松菜のしょうゆ炒め」レシピを石原洋子(いしはら ひろこ)先生が紹介してくれました。

牛肉、もやし、小松菜のしょうゆ炒めレシピ

炒めた時の水気を出さないように、美味しく作れる手順を
炒め物の出番が少ない小松菜、炒め物にはかかせないもやし、
牛肉で炒めたレシピで紹介します。

牛肉、もやし、小松菜のしょうゆ炒め:材料

材料(4人分)
・小松菜:1わ(250 g)
・生姜:1かけ
・もやし(根切り):1袋(200 g)

合わせ調味料
・しょうゆ:大さじ1
・酒:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・塩:小さじ1/3
・白こしょう:少々
・片栗粉:小さじ1/2

・牛肉(切り落とし):200 g
・酒:小さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・片栗粉:小さじ2
・油:大さじ1

・油:大さじ1

・塩:一つまみ:
・ごま油:小さじ1

※エネルギー:234kcal
※塩分:1.7 g

牛肉、もやし、小松菜のしょうゆ炒め:作り方

1.「小松菜」は茎を切り落とし、5㎝くらいの長さに切って(5等分位)、
  茎と葉先に分けておきます。
 ※根がついている場合は、取り除いて下さい。

2.「生姜」を薄切りにしておきます。

3.「もやし」は洗って、ボウルにはった水につけてパリッとさせます。

4.「もやし」をザルに上げて水気を切り、さらに水気を取るために、
 ふきんに包んでおきます。

合わせ調味料
5.「しょうゆ」、「酒」、「砂糖」、「塩」、「白こしょう」、
 「片栗粉」を順に入れ混ぜ合わせておきます。

トレメモトレメモ

片栗粉は水気止めになります。

6.「牛肉」は、大きい場合は食べやすい大きさに切って下さい。

7.「牛肉(6)」に「酒(5)」、「しょうゆ(5)」を加えながら
  もみ込み、「片栗粉(5)」をまぶします。

トレメモトレメモ

「片栗粉」は、炒める直前にまぶして下さい。

8.中華鍋(深みのあるフライパン)に「油:大さじ1」をひいて熱し、
「牛肉(7)」を入れて菜箸で「牛肉」をほぐすようにします。

9.(7)は炒めずに火が通って色が変わったら返して、
  ほぐしながら炒めます。

トレメモトレメモ

炒め加減は、多少ピンク色が残るくらいで大丈夫です。

10.(9)をお皿に移しておきます。

11.同じ中華鍋(深みのあるフライパン)に、そのまま「油:大さじ1」を
  ひき「生姜(2)」を入れて、中火でじっくりと炒めて下さい。

12.「生姜(11)」の香りが出てきたら、強火にして
 「もやし(3)」を加えてサッと炒めます。

13.さらに「小松菜」の「茎の部分」を加えて炒めて
  全体に油がまわったら「葉先」の部分も加えて炒めます。

14.(13)に「塩」を加えて炒め、少しカサが減ったら
  「牛肉(10)」を加えてサッと混ぜ合わせます。

15.(14)に「合わせ調味料(5)」を加えて、
   全体に味がまわるように炒めます。

トレメモトレメモ

水気が出ないようにするには、強火で炒めて下さい。

16.(15)に「ごま油」をまわし入れて香りをつけたら、
   器に盛って完成です!

まとめ

炒めものはすぐに出来上がりますが、仕上がりは水気が多くなってしまうこともあると思います。材料を一度に炒めるのではなく、炒めた具材を一度取り出したり、炒める時間をずらしてみたり、片栗粉を使って水止めるするだけで、余分な水分が出てこなくなります。多少、時間をかけて、焦らずに丁寧に炒めると美味しく炒めあがりますから、是非、試してみて下さい。

スポンサードリンク