2018年12月13日(木)放送のキューピー3分クッキング「かきと長ねぎのグラタン」
レシピを栄養士の藤井恵(ふじい めぐみ)先生が紹介
してくれました。

かきと長ねぎのグラタンレシピ

「長ねぎ」と「かき」の下ごしらえをして、「長ねぎ」の煮汁をホワイトソースに
加えることで、コクが増して美味しく仕上がります。寒い冬の時期に、
おいしくなる「長ねぎ」と「かき」を使ったグラタンを紹介します。

かきと長ねぎのグラタン:材料(4人分)

・長ねぎ:2〜3本(400g)
・白ワイン:大さじ2
・水:1+1/2カップ
・塩:少々
・こしょう:少々
※長ねぎの煮汁はホワイトソースとして使用します。

・かき(加熱用):300g
・塩:適量(塩水用)

・塩:少々
・こしょう:少々
・小麦粉:適量
・油:大さじ1

ホワイトソース
・バター:30g
・小麦粉:大さじ4
・長ねぎの煮汁(一番最初の材料で煮込んだもの)
・牛乳:2カップ
・塩:小さじ1/4
・こしょう:少々

・ピザ用チーズ(シュレッドタイプ):50g
★放送された手順通りに材料を記載していますので、
 材料が離れてしまう場合があります。

※エネルギー:333kcal
※塩分:2. 0g

かきと長ねぎのグラタン:作り方

1.「長ネギ」は根がついている場合は、薄く切って下さい。

2.斜めに切り込みを入れながら、4〜5㎝のぶつ切りにします。

トレメモトレメモ

斜めに切り込みを入れると、食べやすくなります。


3.鍋に「(2)長ネギ」を入れて、「白ワイン」、「水」、「塩」、「こしょう」を加えます。

4.ふたをして中火で15〜20分ほど、「長ネギ」が柔らかくなるまで煮ます。

5.ボウルに「水」を入れ「塩」加え、手で軽くかき混ぜます。

6.「カキ(加熱用)」を入れ、ふり洗いをしたらザルに上げて、ボウルの水を流します。

トレメモトレメモ

カキは加熱用の方がうまみがありますよ。


7.ザルに上げた「カキ」をボウルに入れ、流水でサッと洗います。

8.「カキ」を再びザルに上げ、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

9.「カキ」に「塩」、「こしょう」をまぶしたら、「小麦粉」をまぶし、
  余分な粉をはらいます。

トレメモトレメモ

小麦粉をまぶすと焼いている時にはねにくくなります。


10.フライパンに「油:大さじ1」を熱し、「(9)かき」を表面だけ焼きます。
トレメモトレメモ

焼き上がりの目安…
表面にこんがりと焼き色がついて、
いい香りしてきたらOKです。


トレメモトレメモ

焼きすぎると、グラタンにした時の
焼き上がりがかたくなってしまします。


11.焼いたカキ(10)をお皿に取り出しておきます。

12.煮込んでおいた「(4)ネギ」は鍋の斜めにして、
ふたのすき間からゆで汁をボウルに流し入れておきます。

トレメモトレメモ

★ポイント★
ネギの「香り」と「うまみ」のあるゆで汁は、
これから作るホワイトソースに入れます。


13.「ネギ」は、鍋に入れたままふたをしておきます。

14.フライパンにを熱して「バター」を入れて溶かし
 「小麦粉」を加え、弱火でサラサラになるまで炒めます。

トレメモトレメモ

注意!!
こがさないように気をつけて下さいね。


トレメモトレメモ

サラサラになるまで炒めると、
粉っぽくならないホワイトソースになります。


15.(14)に「牛乳」を少しずつ加えて、とろりとするまで混ぜながら煮ます。

16.(14)がとろりとしたら、「(12)長ネギのゆで汁」を入れて、さらに、
  とろりとするまで混ぜ合わせがら煮て、「塩」、「こしょう」を加えます。

トレメモトレメモ

煮込む目安…
鍋底にへらをスッと通して、ホワイトソースが
ゆっくりと戻るくらいまで煮ます。


17.グラタン皿に「(16)ホワイトソース」を少ししき、
 「(13)ゆでた長ねぎ」、「(11)カキ」を並べます。

18.残りの「(16)ホワイトソース」を上から、まんべんなくかけて、 
 「ピザ用チーズ(シュレッドタイプ)」をのせます。

19.オーブンを220℃の余熱しておき、15〜20分焼いたら完成です!

まとめ

グラタンは、寒い季節になると食べたくなる一品ですが、手間暇がかかるので、
食べる機会も少ないと思います。冬になったら食べたくなる、旬の「かき」と、
冬に出番の多い「ねぎ」を使った、ちょっと贅沢なグラタンが手軽にできます。
「かき」を使っているので、ちょっとしたごちそうになります。大人も子供も美味しく
食べられる一品ですし、寒い日いに食べるグラタンは身体が温まりますから、夕食には
最適ですよ。材料が余ったらカキ鍋にもできますので、是非、試してみて下さい。

スポンサードリンク