スポンサードリンク
キューピー3分クッキング【扁炉(ピェンロー)レシピを藤井恵先生が紹介】

2018年12月14日(金)放送のキューピー3分クッキング「扁炉(ピェンロー)」レシピを
栄養士の藤井恵(ふじい めぐみ)先生が紹介
してくれました。

扁炉(ピェンロー)レシピ

扁炉(ピェンロー)とは、「干し椎茸の戻し汁」をだしにして、「干し椎茸」、
「白菜」、「鶏肉」、「豚肉」、「春雨」を煮込んだ中国の家庭料理です。
干し椎茸を一晩じっくりと戻すことで、「干し椎茸の戻し汁」のうま味がよく出ます
から、調味料は「塩」、「ごま油」と、とてもシンプルです。白菜をたっぷりと使い、
干し椎茸、鶏肉、豚肉の旨みの効かせた扁炉(ピェンロー)を紹介します。

扁炉(ピェンロー):準備(前日、鍋)

・作り方(1)、(2)は、前日に準備しておいて下さい。
・「大きい鍋」もしくは「土鍋」

扁炉(ピェンロー):材料(4人分)

・干し椎茸:16枚(70 g)
・水:干し椎茸のもどし汁+水=8カップ

・白菜:1/2コ(1.5kg)
・鶏もも肉:1枚(250g)
・豚バラ肉(薄切り):200g
・春雨:80g

・塩:小さじ2
・ごま油:大さじ2

薬味(お好みで)
・一味唐辛子:適量
・おろししょうが:適量
・塩:適量

★放送された手順通りに材料を記載していますので、
 材料が離れてしまう場合があります。
※エネルギー:505kcal
※塩分:2.6g

扁炉(ピェンロー):作り方

1.「干し椎茸」を手早くサッと洗います。

2.ボウルに「水:4カップ」に「干し椎茸」を入れ、
落としラップをして、冷蔵庫で一晩おいておきます。

3.一晩経ったら、ボウルから「干し椎茸」を取り出しお皿においておきます。

トレメモトレメモ

ゆっくり落とすことで、「干し椎茸」がとてもやわらかくなりますし、戻し汁のうまみがよく出て、とても美味しくなります。


4.ザルの上にキッチンペーパー敷いて戻し汁をこします。

5.「(4)こした戻し汁」に「水」を足して、
「8カップ」になるようにしておいて下さい。

6.「(3)戻した干し椎茸」の石づきを取り除いて、一口大に切ります。

7.「白菜」は葉先と葉元に切り分け、5㎝のザク切りにしておきます。

8.「鶏もも肉」は、半分に切ってから一口大に切っておきます。

9.「豚バラ肉」は7〜8㎝位の一口大に切っておきます。

10.「春雨」はボウルに入れて熱湯をかけ、冷めるまで置いおいて下さい。

11.(10)が冷めたら、食べやすい長さに切っておいて下さい。

12.大きな鍋(土鍋)に「(5)戻し汁+水」、「(6)干し椎茸」、
 「(7)白菜の葉元」を順に加えて火にかけ煮立てます。

13.(12)が煮立ったら灰汁が出てきますので、しっかりと取って下さい。

14.(13)に「(8)鶏もも肉」、「(9)「豚バラ肉」」を加え、
  ほぐしながら煮て下さい。

15.(14)煮立って、灰汁が出てきたら取り除いて下さい。

16.(15)に「(7)白菜の葉先」を加えフタをして、
  弱めの中火で1時間ほど煮込んで下さい。

17.1時間ほど経ったら「(10)春雨」、「塩」、「ごま油」を
  順に加えて混ぜ合わせ、器に盛りつけたら完成です!
★お好みで、「一味唐辛子」、「おろししょうが」、「塩」をふって召し上がって下さい。

まとめ

中国の家庭料理「扁炉(ピェンロー)」は一晩、戻した干し椎茸が
うま味を出してくれるので、調味料がとてもシンプルです。
具材もシンプルですが、旬の白菜がたっぷりと入っていますし、
鶏肉、豚肉もうま味を出してくれますから、味わいながら食べられます。
そのままでも美味しいですし、3種類の調味料で味わってみても美味しいですので、
是非、試してみて下さい。

スポンサードリンク