スポンサードリンク
キューピー3分クッキングで大和芋を使った かるかんのレシピを紹介!

2019年10月26日放送のキューピー3分クッキングで大和芋を使った かるかん について紹介されました。
大和芋を使った かるかんを教えてくれたのは「ユイミコ」の小坂歩美さんです。

大和芋を使った かるかんのレシピ

大和芋を使ったかるかんが簡単に出来るんです。
材料も少なくて済むお菓子作りのポイントは泡立て器を使わず、すりこ木を
使う所です。
泡立て器で混ぜると生地にコシがなくなってしまいます。
すりこ木で空気を含ませながら混ぜるのがコツです。

大和芋を使った かるかんの材料:14×11㎝の流し缶1台分

・大和芋・・・・・・(正味)80g
・グラニュー糖・・・160g
・水・・・・・・・・約100ml
・かるかん粉・・・・100g

大和芋を使った かるかんの作り方

1)大和芋はスプーンで皮をこそげ落します。
2)黒い部分も一緒にこそげ音します。
3)目の細かいおろし器を使ってすり下ろします。
4) すりおえたらボールに移します。
5) グラニュー糖を3回に分けて使います。
6) ボールの中へ3分の1入れてすりこ木で混ぜ合わせます。
7) 空気を含ませるように混ぜ合わせたら3分の2のグラニュー糖を入れます。
8) よく混ぜ合わせたら残り全部を入れて滑らかになるまで混ぜます。
9) 次に水も3回に分けて混ぜ合わせます。
10) 混ぜながらすりこ木ですくってみて滑らかにスルッと落ちるようになったら
  水は少し残しても構いません。
11) ふんわり滑らかになったら、かるかん粉を全部加えてすりこ木で
   粉っぽさが無くなるまで混ぜ合わせます。結構力が必要です。
12) 流し缶の底にオーブンペーパーを2枚重ねで敷きます。
13) 流し缶にボールの中身を全部流し込みます。
14) 蒸し器に湯気が上がってきた蒸し器に入れて、蓋をして45分蒸します。
   蒸すとき布巾で蓋を包んでおきます(水滴が落ちないように)
15) 蒸しあがったらすぐに流し缶の回りに包丁を入れておきます。
16) オープンペーパー敷いた網に缶を逆さま置き缶を持ち上げ中身を出します。
17) 底の部分に張り付いているペーパーをはがして冷まします。
18) 冷めてから食べやすく切り分けて食べます。

まとめ

鹿児島県の郷土料理のかるかんが家庭で作れるんですね。
大和芋はスプーンで皮をこそげとって、なるべく目の細かいおろし器で
おろせばグラニュー糖との混じりも早く滑らかな仕上がりになります。
もちッとしてふわっとした触感が楽しめるプレーンなかるかんです。

スポンサードリンク