スポンサードリンク
キューピー3分クッキングで和菓子の茶通のレシピを紹介!

2019年10月19日放送のキューピー3分クッキングで和菓子の茶通について紹介されました。
茶通を教えてくれたのは和菓子ユニット「ユイミコ」小坂歩美さんです。

茶通のレシピ

あんは鍋で一気に練り合わせるのがコツです。
強火の中火と言った火加減で、あっという間に練り上げられます。
ごまあんを包む時のコツは、なるべく生地を平たく大きく伸ばして置けば
あんは包みやすくなります。
茶葉の香りとごまあんと、焼きあがった皮の緑色のコントラストが楽しめます。
※ 1包ずつして常温で4~5日は保存できます。

茶通の材料:12個分

ごまあん
・こしあん(市販品)・・・・・240g
・炒り黒ごま・・・・・・・・24g
・グラニュー糖・・・・・・・〃
・みずあめ・・・・・・・・・10g
・水・・・・・・・・・・・・約40ml
生地
・砂糖・・・・・・・・・・・40g
・卵白・・・・・・・・・・・½個分(16g)
・薄力粉・・・・・・・・・・40g
・片栗粉・・・・・・・・・・3g
・抹茶・・・・・・・・・・・1g
緑茶の葉 適量
●打ち粉(薄力粉)、油

茶通の作り方

1)こしあんの材料を全部鍋に入れます。
2)強火の中火にかけながらねっていきます。
3)すくって落ちない山になった形が出来れば火を止めます。
4) 固くしぼった濡れふきんの上に出して冷まします。
5) 冷めたら12等分にしてまるめておきます。
6) 生地はボールにふるった砂糖を入れ卵白をすりこ木で3回に分けて
  混ぜ合わせます。
7) 砂糖と卵白がキレイに混ざったらザルで薄力粉・片栗粉・抹茶をこして
  ヘラで全体を混ぜ合わせ、粉っぽさがなく、しっとりするまで混ぜます。
8) バットに打ち粉(薄力粉)をして生地を12等分にします。
9) 手に粉をつけて1つずつ丸め、次に平たくのばします。 
10) 伸ばした生地の真ん中にあんを入れます。
11) 利き腕ではない方に生地を持ち、利き腕であんを生地で包みます。
12) 余分な粉は刷毛で払って置きます。
13) 生地の閉じた方は下できれいな方は上にし、中心に茶葉をのせ手の平で
   軽く押します。
14) フライパンに油を薄く引いて、極々弱火で温めたフライパンで
   約7分程焼きます。
15) 返して更に7分程度焼くと生地が乾燥してきます。
16) 乾燥して来たら出来上がりです。
17) 網に乗せて熱をとって完了です。

まとめ

和菓子の茶通が自分で作れるなんてビックリです。
高級和菓子というイメージがあり、さぞかし作るのは大変かも・・・
と思っていましたが、こねたり丸めたり子供と一緒に作ったら楽しそう。

スポンサードリンク