スポンサードリンク
世界一受けたい授業【ミニトマトアイコのちゃんちゃん焼きレシピ】

世界一受けたい授業で北海道東川町産のミニトマト「アイコ」を使った、ちゃんちゃん焼きの作り方について紹介されました!

教えてくれたのはチームナックスの森崎博之先生です。

トマトも今食べるべき夏野菜!

今食べるべき夏野菜としてセロリの次に紹介されたのはトマトです。

トマトは、
・子供が好きな野菜7年連続1位
・大人が好きな野菜10年連続1位
・医師が健康のために食べる野菜1位
と大人気の野菜です。

ミニトマト【アイコ】

森崎博之先生の出身地、北海道の東川町で作られているのが「アイコ」というミニトマト。

トレメモトレメモ

アイコは普通のミニトマトより縦に長いのが特徴で、
中のゼリーが普通のミニトマトより少ないのですが、
肉厚で食感がしっかりしていて甘みが強いんだそうです!

アイコの感想

スタジオで試食した感想は
「甘い」
「フルーツみたい」

生徒


ミニトマトで甘いって想像つかないな…

ミニトマトアイコのちゃんちゃん焼きレシピ

アイコを栽培している森崎博之先生の同級生、篠原猛志さんが作っているミニトマト「アイコ」を使った北海道名物ちゃんちゃん焼きの作り方を教えてくれました!

ミニトマトアイコのちゃんちゃん焼きの材料

材料

オリーブオイル
キャベツ
玉ねぎ

ホタテ
しめじ
アイコ
日本酒:100cc
みそ
砂糖
チーズ(とろけるチーズ)

ミニトマトアイコのちゃんちゃん焼きの作り方

1)熱したホットプレートにオリーブオイルをしきます。
2)大きめにカットしたキャベツと薄切りにした玉ねぎを敷き詰めます。
3)10分間焼いて、キャベツがしんなりしてきたら鮭とホタテ、アイコ(半分にカットしたもの)を上に乗せていきます。
4)日本酒を全体にかけて約15分蒸し焼きにします。
5)日本酒で溶いたみそと砂糖をかけて、さらに5分間蒸し焼きにします。
6)鮭の身をほぐしながら全体を混ぜたらチーズをたっぷりのせてもう1度蒸し焼きにします。

アイコのちゃんちゃん焼きの感想

「トマトが全部いい感じに絡んでいてバランスが最高。」
「ワインが欲しいね」
「1週間同じでいいくらい美味しい」

トレメモトレメモ

スプーンでちゃんちゃん音を立ててみんなに分けるからちゃんちゃん焼きというようです。

まとめ

ちゃんちゃん焼き自体が美味しそうなのにミニトマトのアイコが入ることによって一気にイタリアン感が♪
これはワインにも合いそうな一品です。

スポンサードリンク