スポンサードリンク
世界一受けたい授業【足指ストレッチのやり方と浮きゆび改善足指を広げるトレーニング】

番組の初めに79歳のおばあちゃんが男性を支えている姿が紹介されましたが、
足の指を広げるストレッチをするだけで女性が男性を支えるのは可能なようです。
今回の世界一受けたい授業ではみらいクリニック院長の今井一彰先生が、足指トラブルを改善する足指ストレッチのやり方や足指を広げるトレーニングについて紹介してくれました。

足指ストレッチのやり方

1)足の指の間に手の指を入れます。
根元まで入れないで足の指の上の部分に手を入れます。
足指ストレッチのやり方1

2)足の指を包み込むようにして足の甲の方へ足指を曲げてから
5秒間そのままの状態をキープします。
足指ストレッチのやり方2

3)次に逆の方向(かかとの方向)へ足指を曲げて5秒間キープします。
足指ストレッチのやり方3

4)これを左右で10セット行います。

トレメモトレメモ

ストレッチというと、ぎゅーっとやってしまいがちですが、
やり過ぎてしまうと返って筋肉が縮んでしまう性質があるので、
軽くするだけでいいとのこと。

足指ストレッチだけで吉本実憂さんが男性を支えられるようになる理由

この足指ストレッチでで吉本実憂さんが72キロの今井一彰先生を支えられるようになりましたが、
今井一彰先生によると、足は体を支える土台なので、
足の指を広げると土台が安定するようになるとのこと。

トレメモトレメモ

逆に足の形のバランスを崩してしまうと体全体のバランスを崩してしまう可能性があるそうです。
体のバランスが崩れてしまうと、立ってるだけで無理な体勢になってしまったり、無駄な筋肉を使うので腰痛や肩こり、ひざ痛などの原因にもなってしまうそうです。

足にとって大事なのは3つのアーチ

足にある3つのアーチのおかげで人間は足裏の小さな面積で大きな体を支えられているそうです。

    ・アーチ1:かかとから親指にかけて縦のアーチ
    ・アーチ2:かかとから小指にかけての縦のアーチ
    ・アーチ3:親指から小指にかけての横アーチ

かかとから親指にかけての縦のアーチ
ここがしっかりしていることによって土踏まずがキレイに出るとのこと。

そして足にある3つのアーチのおかげで人間は大きな体を支えられているということです。

扁平足がよくないと言われるのは、かかとから親指にかけて縦のアーチがなくなってしまうからで、
アーチがなくなってしまうことで着地による衝撃を和らげるクッション機能が失われるので膝や腰にダメージが加わって疲れやすくなってしまうそうです。

浮き指が増加中!?

浮き指
浮き指とは指が浮いてしまい、指がしっかりと床についていない症状だということ。

浮き指の原因は深爪にも

浮き指の原因として考えらえれるのは、
裸足で歩かなくなったことや合わない靴を履き続けてしまっていること、
それ以外にも深爪が浮き指の原因になることもあるとのこと。

足の爪は地面からの圧力を抑えてくれる役割があるそうですが、
深爪だとその力を抑えることができずに指が浮いてしまうとのこと。

理想的な足指の爪の切り方

足指の爪の切り方には2つのポイントが。

1)指先の皮膚が見えていないこと
理想的な足指の爪の切り方1
2)爪の先を四角く切ること
理想的な足指の爪の切り方2

足指を広げるトレーニングの方法

自宅で簡単に足指トラブルを改善するトレーニングとして今井一彰先生が「足指を広げるトレーニング」を紹介してくれました。

足指を広げるトレーニング1:後ろ歩きの方法

1)足指の方から着地するようにして後ろ歩きを行います。
後ろ歩きの方法
2)室内で1日1分程度行います。

足指の方から着地することによって普段よりも足指を使うので足指を広げることができるとのことです。

足指を広げるトレーニング2:小股歩きの方法

1)足の裏全体で着地するようにして小股歩きを行います。
小股歩きの方法
2)1日に1分間小股歩きを行います。

まとめ

足指ストレッチというと「痛い」というイメージがある方もいるかもしれませんが、吉本実憂さんによると全然痛くなく、「これで?」という感じだとか。
気持ちいいか?と言われると別に気持ち良くもないとのこと…
これならテレビを見ながらでも十分できるのではないでしょうか?

スポンサードリンク