2019年2月13日に 「ソレダメ!」 と言う番組で【お口のトラブル解消! 歯の新常識!】
について紹介されました。
  
お口のトラブルの中で最も注意すべきは歯周病
・歯周病になると体形にも影響が・・・
・歯周病から怖い心筋梗塞・脳卒中の危険性も・・・
・歯周病になると認知症にも関係が!?
藤見歯科医院の歯科医古城祐子先生が教えてくれました。
歯や口の中に関する常識は日々の研究の中でどんどん変わってきて
いることが多いと先生は言います。

歯周病とは口内に残ったプラーク(歯石)

歯周病菌が出す毒素で歯茎が炎症を起こす。
歯そのものではなく歯の土台となる歯茎や骨を壊してしまう。
歯茎がはれたり、歯を磨いているとき血が出たら歯科医でまずは診
てもらう事をおすすめします。
歯の磨き方そのものが間違っている可能性もあるみたいです。
虫歯は痛みが伴うので歯医者に行きますが、歯周病は自分では気が
付かない内に菌が増えているという事です。
歯周病予防を心がけていれば肥満防止になるそうです。
公益財団法人ライオン歯科衛生研究所によると、歯周病になると歯
周病菌の毒素が血糖値を上昇させ「メタボリックシンドローム」の
リスクが高まるという事が分かりました。
歯周病は放っておくと体内に入り込んだ歯周病菌が血管を炎症させ
て動脈硬化を引き起こす原因となり、心筋梗塞や脳卒中を起こす大
変な事態になるそうです。
又、歯は認知症とも大きく関係しているそうです。
名古屋市立大学大学院 医学研究科によると、実際マウス実験では歯周病を持ったマウスの
方が、健康なマウスより、認知症のリスクが1,4倍高くなっていたというデーターもあります。
脳に達した歯周病菌の毒素が認知症の原因となる脳のゴミを増やす
という事です。
歯周病って歯が抜ける位の知識しかなかったけれど、怖い病気の引
き金にもなるんですね。
でも最新の研究で新事実も解ってきました。

2019年新事実発覚!! 抜けた歯が病気を治す!?

歯は命の源とも言われています。
その理由は、歯には「歯髄(
しずい)
」と呼ばれる組織があって、最新の研究でこの
「歯髄」こそが様々な細胞に変化して、再生医療に役立つ「スーパ
ー細胞」という事が分かりました。
「歯髄(しずい)」とは歯の内側にある神経の事だそうです。
「歯髄」が夢の未来へとつながる組織だということが分かってきま
した。
「歯髄」を培養し「ips細胞」をつくることで再生医療に使える
可能性があるという事も解ってきたんです。
歯は白内障を治す!  歯は筋肉を修復する! 歯は脳梗塞を治す!
歯は脊髄損傷を治す!  歯は心筋梗塞を治す!  歯は全身の病気を治す!
本当に夢のような新事実、「歯髄」から全身の病気が治せることが
期待できるという事なんです。

歯の金庫?

近未来の常識かどうかは別として、「歯の金庫」があるそうです。
自分の歯が
病気を治すとなれば、おかしくはありませんよね。
セルテクノロジー「歯髄細胞バンク」なるものに登録者は歯医者で
抜歯した歯をバンクへ送ってもらえるという事です。
届いた歯は専用の細胞培養施設へと送られ「歯髄」を培養:
液体窒素で固めて保管されるそうです。
費用は月々約2500円(
10年間で30万円)
と言われていますが、これが安いと思うか高いと思うか、まずは歯
周病予防に力を入れたいところです。

まとめ

以前は、歯が抜けたら下の歯は屋根に飛ばして、上の歯が抜けたら
縁の下へと、言われていましたが、今は歯医者へ持って行く?
残念なことに家で抜けた歯は使えないそうです。
あくまでも歯医者で抜歯した、状態の良い歯でないと培養は出来な
いという事です。
古城先生は現状は高額かも知れませんが、今後は下がって来ると言
われています。
しっかり歯のケアをして、健康に過ごせるといいですね。

スポンサードリンク