スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所【アーチくずれ予防改善体操のやり方とチェック法】

その足のトラブル、もしかしたらアーチくずれが原因かも!?
アーチくずれは日本人の約7割が悩んでいる足の症状だということですが、
今回の主治医が見つかる診療所では、自宅で簡単にできるアーチくずれのチェック方法とアーチくずれ予防改善体操のやり方について紹介されました!

アーチくずれとは?

整形外科の吉野匠先生によると、現代人に急増している足の異常がアーチくずれということ。
気づかないうちに進行させてしまい、最悪の場合には歩行困難になってしまうということ。

私たちの足には横アーチと縦アーチといった2つのアーチがあり、
この2つのアーチが地面から守るクッションになってくれているそうです。

・アーチの役割

    1)衝撃を吸収するクッション
    2)地面を蹴る時のバネ

アーチくずれとはアーチが縦も横も潰れた状態、いわゆる扁平足のことということで、
アーチくずれになってしまうと足の裏に受けた衝撃が全身へダイレクトに伝わってしまい、
足裏の激痛やヒザの痛み、足のしびれなどにつながってしまうそうです。

アーチくずれの原因

現代人にアーチくずれが増えた原因として以下のことが紹介されました。

    1)運動不足で足の筋力の低下していること
    2)幼少期から靴を履く時間が長いので骨格の形成が不十分なこと

自宅でできるアーチくずれチェックのやり方

    1)イスに座ります。
    2)イスの前に台を置き、台の上に片足を乗せます。
    3)ヒザの下は地面に対してまっすぐになるようにします。
    4)土踏まずの方から人差し指と中指を入れます。

第2関節まで指がしっかりと入れば正常なアーチですが、
第1関節までしか入らない場合や、ほとんど入らない場合にはアーチくずれの可能性があるということです。

アーチくずれ検定

アーチくずれを悪化させるリスクが高い靴は?

    A:横幅にゆとりがある靴
    B:ピッタリとフィットした靴

アーチくずれを悪化させるリスクが高い靴は横幅にゆとりがある靴だそうです。

トレメモトレメモ


これはちょっと意外でしたね。
ピッタリした靴の方が足に悪そうな気がしたのですが…

ゆとりがあるということは横幅が広くなってしまうため、
足が横に広がりやすいんだそうです。

アーチくずれの予防につながるサンダルは?

    A:鼻緒があるもの
    B:足の指を囲っているもの

アーチくずれの予防につながるサンダルは鼻緒のあるものだそうです。

トレメモトレメモ


鼻緒があると歩くときに指に力を入れて鼻緒を挟むので、
アーチを保つための筋肉が鍛えられるそうです。

アーチくずれ予防改善体操

チューリップ体操

トレメモトレメモ

横のアーチを保つ筋肉(母指内転筋)を鍛える体操です。

    1)両足の親指に太い輪ゴムを引っ掛けます。
    2)かかと同士をくっつけて閉じます。
    3)かかと同士をくっつけたまま親指を少し曲げた状態でゴムを引っ張ります。
    4)5秒間キープします。

5秒間キープ×1日20回行います。

トレメモトレメモ


太い輪ゴムの代わりに、
普通の輪ゴム10本でもOKだそうです。

タオルとって体操

トレメモトレメモ


足の縦のアーチを保持する筋力を鍛える体操です。

    1)滑りやすい床に薄手のタオルを引きます。
    2)タオルをつまむ感じで足の指を交互に動かしてタオルを引き寄せていきます。

1日10回×3セット行います。

まとめ

タオルと太い輪ゴムさえあればできますから試してみてくださいね^^
今回紹介された予防体操の他にも、
昔よくあった「青竹踏み」でもアーチくずれの予防になるようです。

・足のトラブルに関する記事はこちら

世界一受けたい授業【足指ストレッチのやり方と浮きゆび改善足指を広げるトレーニング】

健康カプセルゲンキの時間【浮き指改善体操とチェック法!足の病気からわかる意外な病気】

ソレダメ【足のむくみの原因を鶏むね肉で解消!】

スポンサードリンク