スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所【肺年齢を若返らせるよこ笛呼吸法と脇腹ストレッチのやり方】

2019年4月25日に主治医が見つかる診療所で
「肺年齢を若返らせる最強の呼吸法」として3つの呼吸ストレッチについて紹介されました。
  

肺年齢を若返らせる3つの呼吸ストレッチ

呼吸ストレッチについて教えてくれたのは、
山王病院呼吸器センター長(呼吸器外科)の奥仲哲弥先生。
現代人の肺に警鐘を鳴らす呼吸器専門のスペシャリストです。

息を正しく吐けていないことにより、疲れやすい・肩こりや冷え性にもなりやすいそうです。

日本人の多くが深呼吸する時、まず大きく息を吸いそして吐く、このやり方がそもそも間違っていたようです。

1秒量、最初に1秒間ダーッと吐ききる量の事を1秒量と言うそうです。

肺活量が多くても1秒量がすくないと肺年齢が高くなるそうです。

アメリカの心臓学会によると、心臓が原因で突然死するリスクが約3倍だそうです。

1秒量が少ない人は多い人に比べて約3倍心筋梗塞等突然死のリスクが高いそうです。

普段何気ない呼吸が実年齢を高くしていたと解れば、正しい呼吸法を教えていただき、肺年齢を若く保ちたいと思います。

奥仲先生が紹介する3つの呼吸法は次の方法で行います。

基本の呼吸法のやり方

初めに基本となる呼吸法
1、まず息を全て吐き出すことを意識する
2、意識すれば自然と息を吸う事が出来る

深呼吸の呼は吐くという意味で先に書かれています。
呼吸の吸は吸うという意味で後ろに書かれています。
吐いてから吸うという事が深呼吸の意味なんですね。

よこ笛呼吸法のやり方

※1つ目の呼吸筋ストレッチは、「よこ笛呼吸法」(横隔膜を柔らかくする)

1、口を横に広げて薄く口を開く(よこ笛を吹くイメージ)
2、10~15秒かけて息を吐きだす
3、吐ききったと感じたら、そのまま吐きながら体を前に倒す
4、口を閉じて鼻から5秒息を吸いながら体を起こす

肺そのものには筋肉がないため、縮んだり膨らんだりするには肺の周りの20種類以上の筋肉がサポート筋肉となって呼吸が出来ているそうです。

中でもみぞおち付近にある膜状の筋肉、横隔膜が上下することで、肺が伸縮し呼吸が出来るそうです。

でもこの横隔膜は加齢や運動不足で固くなってしまうので、膜をほぐすことで若返らせるそうです。

奥仲先生は42年間「よこ笛呼吸法」を実践しているおかげで、20歳の頃からの体重63㎏をずーっとキープしているそうです。

脇腹ストレッチのやり方

※2つ目 脇腹ストレッチ(肋間筋と言って肋骨と肋骨の間にある筋肉を広げる)

1、背筋を伸ばして椅子に座る
2、片方の手は頭後頭部にもう片方は腰に手を置く
3、息を吐きながら腰に手を置いている方に体を横に倒しながら息を吐いて行く
4、今度は息を吸いながら元の位置まで起こしていく(左右)

加齢とともに肋骨の間が狭くなるので広げる(倒したときに肩甲骨の下あたりを手でもみほぐすと良いそうです)

鼻歌呼吸のやり方

※3つ目は鼻歌呼吸

1、簡単な歌で、一息でなるべく長く口は閉じて鼻から息を吐きながら歌う事

これはいつでもどこでも鼻歌で済むから楽しく出来ると思います。

まとめ

鼻歌を歌うと肺に圧力がかかり気道が広がり呼吸が楽になり、横隔膜もきちんと使えているという事です。
楽な呼吸法ですから信号待ちしている時や、エレベーター待ちの間など、所も場所も選ぶことなくいつでもどこでも出来るのが良いですね。

スポンサードリンク