スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所【リズム脳トレと両手歯みがきで認知症を予防改善!】

2019年8月8日放送の主治医が見つかる診療所で認知症を予防改善する「親指」と「口の中」を使った2つの新習慣について紹介されました。

認知症にならないための2つの新習慣

親指を動かして脳を刺激する

神経内科で土岐内科クリニック理事長の長谷川嘉哉先生によると、親指を刺激することで、脳が若返るということです。

認知症は物忘れの前に意欲が落ちてきますが、
親指を使ってする行動には意欲のある行動が多いそうです。

親指を使った行動

・ペットボトルのふたを開ける
・ドアのノブを開ける
・リモコンボタンを押す
・蛇口をひねる

生徒

親指は意欲の象徴なんですね!

舌を動かして口の中をキレイにしよう

歯周病は認知症の大きな原因の1つと近年わかってきて、
歯周病から出た毒素が血流によって脳に行き、ゴミとして溜まってしまうそうです^^;

さらに歯周病を放っておくと最終的には歯が取れてしまい、
歯がなくなると噛むことができなくなるので脳の血流が悪くなってしまうとのこと。

そこで紹介されたのが
・両手歯みがき
・舌をグルグル回す
と行った2つの歯周病予防改善法。

トレメモトレメモ


やり方はこの下にあります。

認知症を予防改善する方法

親指タッピング【リズム脳トレのやり方1】

1)両手を前に出します。
2)親指の腹を使って人差し指から小指まで順番にタッチしていきます。
3)慣れてきたらテンポを上げます。

トレメモトレメモ


1回5往復を目安に行ってください。
指先がずれないようにしっかりとタッチします。

ピンピン刺激法【リズム脳トレのやり方2】

1)両手を1度グーにします。
2)片方の手は親指、もう片方は小指をピンと伸ばします。

トレメモトレメモ


親指と小指を交互に伸ばす指体操です。
左右別々の動きをすることで脳の血流アップが期待できます。

認知症予防1人じゃんけんのやり方

1人じゃんけんのやり方を教えてくれたのは兵頭先生です。

1)右手はグー、チョキ、パーと出していきます。
2)左手は右手に負けるようにします。

生徒


右手がグー、チョキ、パーなら
左手はチョキ、パー、グーということです。


3)これをなるべく早くやるようにします。

両手歯みがきのやり方

1)利き手ですべての歯を磨きます。
2)もう片方の手で磨きます。

生徒


つまり2回同じ歯を磨くということですね。


トレメモトレメモ


やりづらいですが、
脳に適度な負荷がかかるので脳トレになりますし、
持つ手を変えることで違った角度から磨けるので磨き残しが少なくなりますよ!

舌をグルグル回して歯周病を予防する方法

1)口の中で歯茎をなぞるように舌をグルグル回します。
2)右回り10回、左回り10回行います。

トレメモトレメモ


歯科衛生士の岩島由佳先生によると唾液が出ることによって歯ブラシを当てなくても洗浄作用があるとのことです。

まとめ

親指タッピングまではできる方が多いと思うのですが、
1人じゃんけんは難しい…でも難しい分、脳には刺激になりますよね。
そうそう、舌回しは、ほうれい線予防にもなるんですって!

スポンサードリンク