スポンサードリンク
主治医が見つかる診療所【酸化とサビ予防ナスレシピ!ラタトゥーユ&カルパッチョ風サラダ&チーズ包み焼き】

2019年9月5日放送の主治医が見つかる診療所で老化の原因の1つであるサビ(酸化)を予防するナスのレシピについて紹介されました!

サビ(酸化)が老化の原因

老化研究をしている昭和大学医学部の教授・山岸昌一先生によると、老化の原因は体の中のコゲとサビ。

老化の原因の1つ「サビ」とは体が酸化していることで、
金属がサビるのと同じことが体の中で起こっているそうです。

サビ(酸化)の原因

毎日の飲酒量が非常に多い

アルコールによってコゲができるとサビつく現象が同時に起こるそうです。

トレメモトレメモ


アルコールを分解するときにサビの元になる活性酸素が大量に作られてしまうので飲みすぎはサビの原因になってしまうとのこと。

健康のためのウォーキングに落とし穴

健康のためにウォーキングをされている方も多いと思いますが、
紫外線対策をしてないとサビの原因に。

トレメモトレメモ


紫外線を浴びると体はサビつくので、
日焼け止めや帽子、サングラスなど紫外線対策が重要です。

ストレス

仕事や家事、育児などによるストレスもサビの原因の1つ。

トレメモトレメモ


精神的なストレスがあると酸素をうまく使えないので、
活性酸素がたまってサビへ。

ナスが酸化(サビ)を防ぐ

ナスは老化の原因である体のサビを防いでくれる最強食材だということです!

ナスが酸化を防ぐ理由

山形大学農学部で農学博士の五十嵐喜治先生によると、
ナスが酸化を防ぐ理由は皮と身の両方にサビを防ぐ成分が含まれているからだそうです!

トレメモトレメモ


・皮にはナスニン(強力な抗酸化作用)
・身にはクロロゲン酸(血糖値の上昇を抑制)

ナスで酸化を防ぐポイント

ポイント

・皮は取り除かない
・水につけない
・おすすめは炒める

ナスの酸化予防レシピ

ナスのラタトゥーユの作り方

1)ナスをざく切りにします。

生徒


もちろん皮ごと!
そして水にさらさずに!


2)ナスとお好みの野菜や豚ひき肉をオリーブオイルで炒めます。
3)ナスがしんなりしてきたらトマトを加えて野菜の水分のみで5分ほど煮込みます。
4)チーズを散らして一煮立ちしたら出来上がり!

ナスのカルパッチョ風サラダの作り方

1)ナスを薄く切ります。
2)お皿に乗せた水菜やワカメの上にナスを乗せます。
3)粒マスタードとオリーブオイル、ワインビネガーを合わせてドレッシングにしてかければ出来上がり!

ナスのチーズ包み焼きの作り方

1)じゃがいもを電子レンジでチンしたら細かく潰します。
2)1にさけ缶を入れます。

トレメモトレメモ


さけのアスタキサンチンもサビを防ぎます。


3)ナスを少し厚めの薄切りにして炒めます。
4)ナスの熱を取ったらじゃがいもとさけのタネでカマンベールチーズを包んで炒めたナスで巻きます。
5)オーブンで12分ほど焼けば出来上がり!

まとめ

ナスのお料理、とっても美味しそうでしたが、
まずはサビを予防する生活習慣が大事なんですよね…
まだまだ暑い日が続きますので紫外線対策を!

スポンサードリンク