スポンサードリンク
名医のTHE太鼓判【AKA-博田法の評判と腰痛撃退体操のやり方】

つらい腰痛に悩んでいたという遼河はるひさんや渡部建さんですが、
わずか10分の治療で腰痛が改善!?

今回放送された名医のTHE太鼓判では、今注目のAKA-博田法による腰痛治療と腰痛撃退体操のやり方について紹介されました!

AKA-博田法で腰痛改善

AKA-博田法の腰痛改善方法とは

望クリニック院長の住田憲是先生によると、
「私たちの治療法はAKA-博田法」だということですが、
足をどこまで上げると突っ張ってくるのか骨盤の関節の動きを確認し、
住田憲是先生が何かを探るように腰を触診。
骨と骨の間を指で広げる10分ほどの簡単な治療によって上がらなかった足が劇的に上がるようになり、腰痛が改善!

トレメモトレメモ

痛みは全然ないそうです。

住田憲是先生によると、腰痛の原因のほとんどは仙腸関節の機能障害にあると言います。

仙腸関節とは骨盤の仙骨の側にある小さな関節のことで、
この仙腸関節の動きを改善するのがAKA-博田法ということです。

AKA-博田法

AKA-博田法とは開発者である医師の博田節夫先生の名前をとってつけられたということです。

AKA-博田法・腰痛治療の評判は?

AKA-博田法で腰痛治療を受けた方の口コミが紹介されていました。

    ・身体が軽くなった(83歳女性)
    ・もう劇的に楽になりました(79歳女性)
    ・背中に羽が生えてるみたい(66歳女性)

長年腰痛で歩くのも辛かった87歳の女性は、歩くだけで痛かったのにブリッジまでできるようになっていました。

田中眞一さん(76歳男性)は、腰痛で杖に頼る生活で、
階段は補助なしで登れなかったということですが、
杖なしで歩けるようになり、屈伸までできるようになったということ

トレメモトレメモ

「摩訶不思議ですね」
と驚かれていましたね。

AKA-博田法で腰痛歴20年の遼河はるひさんが10分で改善

遼河はるひさんは宝塚時代からひざが痛くて手術したりと、
腰痛歴は20年に渡るそうですが、
1番つらいのはロケバスで、足が長いせいか、足が入らず腰を斜めにずらさなければいけないため、腰への負担が大きくなってしまうとのこと。

しかし、AKA-博田法による治療を10分間行っただけで、
治療前と比べて2倍近く足が上がるようになり、腰痛が改善
されたということです。

東京都にあるAKA-博田法のクリニックと予約状況

遼河はるひさんが訪れたのは東京都巣鴨にある望クリニック。

トレメモトレメモ

栃木や岩手、愛知県豊田市など遠くから来られている方もいましたね。

気になる予約状況ですが、数ヶ月先まで予約でいっぱいということです。

AKA-博田法で腰痛歴30年の渡部建さんが10分で改善

腰痛歴30年近くだという渡部建さんがスタジオで住田憲是先生に見てもらうことに。

AKA-博田法による10分間の治療の結果、足の痛みが取れて90度近くまで足が上がるようになったということ。

AKA-博田法でラサール石井さんのひざ痛も改善

ひざ痛により、杖なしで歩くのが大変そうだったラサール石井さんですが、
AKA-博田法で仙腸関節を指で広げる治療を行なった結果、正座ができるようになり、ひざ痛の痛みが改善したということ。

腰痛撃退体操のやり方

関節痛のスペシャリストである戸田佳孝先生が、
家で簡単にできる腰痛撃退体操のやり方を教えてくれました。

1)足を広げて腰を落とし「腰割り」の姿勢になります。
「腰割り」の姿勢に
2)手を膝の上に置いて、肘を伸ばして2秒間肩を入れます。
2秒間肩を入れます
3)反対側も同じように2秒間肩を入れます。

左右5回ずつ、朝昼晩1日3回行います。

まとめ

腰痛は肩こりと並んで日本人の国民病と言われますから、悩んでいる方も多いですよね。
でもたった10分で改善するとなったら殺到しますよね。
もっとたくさんの場所でAKA-博田法が受けられるようになればいいのですが…

・腰痛についてはこちらも参考になります。
この差って何ですか?【つま先立ちで椎間板ヘルニア腰痛セルフチェックとおじぎ体操で予防】
健康カプセルゲンキの時間【ペインクリニック!神経障害性疼痛やグルテン不耐症が痛みの原因かも?】
金スマ【ひざ裏伸ばしストレッチで腰痛改善とテレビで話題!本の著者川村明先生が指導】

スポンサードリンク