スポンサードリンク
梅ズバ【まいたけ茶&作り置きまいたけレシピで中性脂肪改善!】

まいたけファースト! 食前にまいたけを食べるだけで内臓脂肪値が下がる!?

2019年3月13日 梅沢冨美男のズバっと聞きます!と言う番組で
「医師がすすめる身近な食材」として”まいたけ”が紹介されました。
  

まいたけファースト

まいたけの健康効果について教えてくれたのは、
「血管の名医」で知られている 池谷医院 院長 医学博士 池谷敏郎先生。
テレビの健康番組でよく解答して下さる人気の先生です。

まいたけファーストの効果

生活習慣病予防に身近な食材で「まいたけ」が中性脂肪値を下げると先生は言います。

生活習慣病でよく耳にするメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は内臓脂肪型肥満と脂質異常・高血糖・高血圧などを併発した状態。
これは糖質の食べ過ぎや運動不足が原因とされているそうです。

この食生活を改善しないと、やがて心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まり、ガンや認知症等、生活習慣病と関連が高いという事のようです。

又、メタボリックシンドロームは大腸ガンの発症も高くなるそうです。

まいたけには食べ過ぎた時に起こる「血糖値の急激な上昇」「過剰な吸収」を抑える効果もあるという事です。

まいたけにはβーグルカンという成分があり、これが血糖値の急上昇を抑えるので一日50gを摂ることで中性脂肪だけでなく、血糖値や高血圧を下げるのに期待できる食材だと先生は言います。
ただし、まいたけをただ食べるだけでは効果は期待できません。

まいたけファーストのやり方

1)まず食事の1番最初にまいたけを食べる事です。(調理方法は自由です)
2)その後は食べる順番は自由です。
3)朝昼晩3食ごとにまいたけファーストで先に食べる事で血糖値の急上昇を抑えられます。

花田虎上さんがまいたけファースト生活に挑戦

第66代横綱、花田虎上(まさる)さん48歳
元横綱の花田さんはお子さんが6人で、1番下のお子さんが20歳になるまで生きていたいと今回快くまいたけ生活を承諾してくれました。

事前に健康診断を受けた結果、中性脂肪が何と(基準値30~149)をはるかに超えて、267 とすごい高い数値が出たのには本人もびっくり。

本人は健康には気を使って努力もしてきたと言っていました。
夏には食べたいアイスクリームも我慢して、色々と本人は頑張ってきたのにとぼやいていましたが、奥様がその分炭水化物を食べていると一言で納得されたようです。

そんな花田さん、今回の1週間1日50gのまいたけファースト生活に挑戦しました。

花田さんの奥様はフードコーディネーターの資格をお持ちだという事で、3食とも上手にまいたけ料理を作っていました。

まいたけファースト生活に挑戦した結果

まいたけファースト生活4日目で体重が2キロ減っていると途中報告がありました。
便通も良くなったという事のようです。

難なく1週間を終え、気になる中性脂肪は挑戦前の数値は267と高かった数値が159と下がり-108も数値が下がっていました。

中性脂肪だけでなく、体重も-1キロ減、総コレステロールも-1減、血圧も
(基準値~130/~85)の~132/90と上が-4、下は±0と若干ですが下がっていました。

池谷先生は、この食生活を継続していけば内臓脂肪の減少が期待できるので、メタボリックシンドロームの改善が期待できると先生は考えているとのことです。

まいたけ料理作り方レシピ

まいたけ茶レシピ

まいたけ茶(まいたけ茶はまいたけの成分だけを煮出したもの)がとても簡単で美味しそうで、外食の時にペットボトルに入れて持ち運び、食前に飲めばまいたけファーストになるので、作り方をお知らせします。

作り方
1、鍋に水600ccにまいたけ100gをざっとほぐして入れる
2、中火で30分煮つめるだけで完成
※ まいたけのβグルカンは水溶性の食物繊維なので煮だして飲むだけで良い効果が期待できるそうです。

作り置きまいたけレシピ

奥様の作られた「作り置きまいたけ」が美味しそうだったので、ご参考まで
材料・・・まいたけ200g 調味料・・・醤油・みりん・酒・砂糖(適量)
作り方
1、鍋にまいたけをほぐし入れ調味料を全部入れる
2、ふたをして弱火で3分蒸す。
※ 味は各家庭の好みに合わせて調整してください。冷蔵庫で保存も出来るので、
  その都度 料理する手間が省かれるし日持ちするので楽だと思います。

スポンサードリンク